天気予報

28

20

みん経トピックス

「二見浦月暦」無料配布開始太陽にホエール、志摩の海に

【サミット効果】志摩市でFinTechセミナー 銀聯日本法人代表らも

【サミット効果】志摩市でFinTechセミナー 銀聯日本法人代表らも

【サミット効果】志摩市でFinTechセミナー 銀聯日本法人代表らも

写真を拡大 地図を拡大

 ファイナンスとテクノロジーを融合したFinTech(フィンテック)について学ぶ「NTTドコモ フィンテックボトムアップセミナー」が2月5日、ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩(志摩市大王町)で開かれた。

【その他の画像】NTTドコモ フィンテックボトムアップセミナー

 FinTechとは、銀行、カード会社、生命保険会社、損保会社、証券会社などが行う金融ビジネスにITを駆使して、利用者が便利に、快適に、有効にサービスを受けながら、スピード、効率などを優先させながらも複合サービスを提供するなど相乗効果を与え、よりビジネスを拡大させようとするもの。近年FinTechというキーワードが新聞紙面をにぎわせ始めている。

 この日は、FinTech協会(東京都港区)代表理事でインフキュリオン・グループ(千代田区)代表の丸山弘毅さんや同協会理事でクラウドキャスト(渋谷区)代表の星川高志さんが国内外のFinTech最新事情を、同協会理事でマネーツリー(渋谷区)取締役のマーク・マクダッドさんがFinTech成功事例などを紹介。銀聯(ぎんれん UnionPay)国際日本支社代表の唐波(タン ポー)さんによる自社グループの国際戦略などについて、第一生命のITビジネスプロセス企画部の岩井泰雅さんによる自社のFinTech活用事例などについての特別講演も行われた。

 同協会の丸山さんは「いつもは都内で勉強会を行っているが、伊勢志摩サミットが開催されるので現地の視察も兼ねて初の宿泊を兼ねたセミナーを開催した。伊勢志摩ではまだまだカード決済ができないなどインフラの整備が必要だと感じた。サミット開催で世界から注目される地になると思うので、今後も注目していきたいエリア」と話す。

 主催者のNTTドコモ(千代田区)第一法人営業部第四営業担当部長の松本隆之さんは「FinTechというキーワードで自社の業務を再考してみると、ほとんどの業務が関わってくる。さらにビジネスにつながる可能性を求めて、現在は力を入れているところ。自社だけでは大きな広がりにはならないので、できるだけ多くの企業が参加することでより大きく市場が広がっていくのだと思う」と予想する。

 今回は、第一生命、あいおい生命、東京海上日動、損保ジャパン、みずほ銀行、百五銀行、Visa、マスター、銀聯国際、野村証券などから担当者ら約60人が参加した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

伊勢志摩サミット閉幕、英虞湾バックに議長国記者会見   →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング