プレスリリース

「日本近代建築の父」ジョサイア・コンドル没後100年メモリアル 「十六夜ピアノ・コンサート ~月を眺めながら~」 桑名市 六華苑で10月2日(金)開催

リリース発行企業:株式会社ポニーキャニオン

情報提供:

桑名市は、「十六夜ピアノ・コンサート ~月を眺めながら~」を10月2日(金)に「六華苑」で開催します。




 国の重要文化財である「六華苑」で毎年開催をしている「十六夜コンサート」。今年は、「六華苑」の設計を手掛けたジョサイア・コンドル没後100年を迎えることを記念し、ピアニスト平原 誠之氏を迎えたメモリアルコンサート「十六夜ピアノ・コンサート ~月を眺めながら~」を開催します。「六華苑」初となる特設屋外ステージを舞台に、普段は入苑できない夜の六華苑に美しいピアノの旋律が響きます。また、コンサートの前には、併設するレストラン「Rocca」でのドリンクや苑内観光ガイドもお楽しみいただけます。秋の夜長に、「六華苑」での優雅な時間を是非ご堪能ください。

【開催概要】

名称: 十六夜ピアノ・コンサート ~月を眺めながら~
開催日時: 令和2年10月2日(金) 開場/16:00~ 開演/18:30~
開催場所: 六華苑 屋外特設ステージ (住所/三重県桑名市大字桑名663-6)
*雨天の場合は、六華苑に併設する『レストランRocca』にて開催
定員: 先着40名
参加料金: 6,600円(税込)
*六華苑への入苑料及び苑内観光ガイド、1ドリンク、お土産付き
申込方法: 電話よりお申し込みください。(申込電話番号/0594-24-4466)
主催: 桑名市、社会福祉法人桑名市社会福祉協議会、全国近代化遺産活用連絡協議会、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
協力: レソノンミュージック・キムラピアノ工房、(株)レイステージ
*本コンサートは、令和2年度日本博主催・共催型プロジェクトとして開催します。

演奏曲目(予定)
・梅たたずむ思い 作曲:平原 誠之
・出逢い 作曲:平原 誠之
・朧月夜 作曲:岡野 貞一   その他




出演者プロフィール
平原 誠之 l ひらはら まさゆき
1980年7月15日生まれ。神戸市出身。クラッシック音楽を基礎としたピアノの演奏・作曲家。日本・エルサルバドル音楽親善大使。一般社団法人日本作編曲家協会会員。情熱的な演奏、弱音、間合いに定評があり、オーケストラを想起させる豊かな表現力を持つ。既成概念にとらわれない演奏・作曲が高い評価を受け、全国各地で公演を行う。
ウェブサイト  http://masayuki-hirahara.com
ブログ http://masayuki-hirahara.tumblr.com

「六華苑」(旧諸戸清六邸)概要
山林王と呼ばれた桑名の実業家 二代 諸戸 清六の邸宅として大正2年(1913)に竣工しました。揖斐・長良川を望む約18,000平方メートル 余りの広大な敷地に、洋館と和館、蔵などの建造物郡と池泉回遊式日本庭園で構成されたこの邸宅は、創建時の姿をほぼそのままにとどめている貴重な遺構です。特に、洋館部分は、鹿鳴館など数々の名建築を生み出し、「日本近代建築の父」と呼ばれたジョサイア・コンドルが出がけ、地方に唯一残る彼の作品として注目されています。桑名市は、平成3年に土地を取得し、建物は諸戸家からの寄贈を受け、整備工事の後、平成5年より六華苑という名称で一般公開をしています。その建造物のうち、洋館および和館は、平成9年に国の重要文化財に指定され、他に6棟が三重県有形文化財、離れ屋は、桑名市の有形文化財に指定され、大切に保存されています。また、庭園は一部を除き、平成13年に国の名勝に指定されています。




三重県桑名市東京PR事務局を運営する(株)ポニーキャニオンでは、「魅力みつけびと」やメディアを通し、桑名市の魅力を発信しています。「六華苑」をはじめ、桑名市が有する貴重な文化財の価値を高め、後世へとつないでいくPR 活動を続けていきます。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?