文化センター

「22歳で白血病と宣告されて、今を生きる」(ワァークスジャパン社長西井一浩さん)

  •  
  •  

このイベントの募集は終了しました。

競泳女子の池江璃花子選手が今年2月に自身が白血病であることを発表しましたが、

西井さんも1988年に白血病(再生不良性貧血症)を発症、余命3カ月と宣告されました。しかしながら1年近くの入院生活を乗り越え、奇跡的に快復。この経験から「生きること」について考え1991年に起業。

すべてはつながっている。
良いことも悪いことも自分自身に起こるすべてのことに意味がある。

●何よりも健康で生きること。いのちの大切さを考える。
●病気と付き合いながら、世の中の最切なものを知る。
●一日一日を大切に、充実した日々を送る目標を立てる。
●少子高齢化社会の到来と地域に生きる人々を考える。

開催概要

開催日時 令和元年7月19日19時~21時
会場 志摩市阿児町神明723-8
代々木高校賢島本校
参加費 500円
定員 30人
受付期限 2019年7月19日(金)19時00分
主催 伊勢志摩元気プロジェクト「賢島大学」
共催 伊勢志摩経済新聞
  • はてなブックマークに追加