「今日はめでタイ」漁師バンドが地元でメジャーデビューコンサート

地元南伊勢町町民文化会館で「メジャーデビューコンサート」を開催した漁師バンドHEAVEN

地元南伊勢町町民文化会館で「メジャーデビューコンサート」を開催した漁師バンドHEAVEN

  • 0

  •  

 南伊勢町の漁師3人で構成される漁師バンドの「HEAVEN(ヘブン)」が3月24日、地元南伊勢町町民文化会館で「メジャーデビューコンサート」を開催した。

 同コンサートは、昨年10月27日よりフジテレビ系「ポンキッキ」の番組のコーナーで「HEAVEN」の曲「今日はめでタイ」がテーマ曲として採用され、その曲が2月28日に全国CDデビューを果たしたのを記念して開催された。

[広告]

 700人が収容できる会場は、立ち見席も出るほどの満席に。18時30分、開演と同時に盛大な拍手が送られ、オリジナル14曲とアンコール3曲が演奏された。リードボーカルの河村欣也さんが緊張の余り最初の曲の歌詞を間違えるハプニングがあったものの、それを笑いに変え、会場が和む場面も。

 演奏曲の中には「今日はめでタイ」のほか、「鯛3部作」の「僕はさくら色」「タイになりたい」も演奏し、「漁師バンド」としての存在感もアピールした。2005年10月1日に度会郡の南勢町と南島町が合併して「南伊勢町」になったことを記念して作られた曲「GOOD SUNSHINE DAY」では、故郷を思う気持ちを素直に歌詞にした内容が観客の心に訴えた。「野見坂を下る二つ目のカーブから山の上に見えるきらめく青い海」と故郷へつながる道路からの景色を表現し「好きだよ。南伊勢」と歌い上げると、歓声と拍手で会場が一つになった。

 曲の雰囲気はアップテンポで馴染みやすく、河村さんが熱唱し「聴かせる」タイプ。つめかけた観客も、その歌唱力や演奏レベルの高さに驚きが隠せない様子。コンサート後半には会場から手拍子も加わり、大きな盛り上がりを見せていた。

 河村さんは「人生あきらめずに夢を追いかけていたら、今回のように思わぬところから形になって一歩一歩夢に近づいていった。これからどうなるかわからないが、皆さんに支えられてここまで来られた感謝の気持ちを音楽で表現していきたい。南伊勢町のPRと漁業者としての誇りを全国の人に届けたい。年末の紅白にはみんなで行きましょう」と来場者全員に語りかけた。

「今日はめでタイ」公式ホームページ関連記事(伊勢志摩経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?