食べる

伊勢萬の限定焼酎50本、式年遷宮記念ボトルが幻に?-クラウドファンディングで

伊勢萬の限定焼酎50本、式年遷宮記念ボトルが幻に?瓶は半人工の吹きガラスを使用、同じ形のものはない。

伊勢萬の限定焼酎50本、式年遷宮記念ボトルが幻に?瓶は半人工の吹きガラスを使用、同じ形のものはない。

  •  
  •  

 伊勢で酒類を製造する伊勢萬(伊勢市小俣町)と関東エリアの情報を発信する雑誌「東京カレンダー」(東京都品川区)が企画する熟成焼酎「STELLA(ステラ)」の伊勢神宮式年遷宮記念限定ボトル(遷宮ボトル)50本が、出荷されるか、幻になるかの瀬戸際になっている。

樽で熟成中の「STELLA」、遷宮ボトルは幻になるのか?

 同社は、焼酎「STELLA」「光年」や日本酒「おかげさま」、リキュール「ハーフムーン」などの酒類メーカー。日本一小さな造り酒屋で知られる「内宮前酒造場」(宇治中之切町)では日本酒を製造し、大吟醸酒「おかげさま」は全国新酒鑑評会で2年連続(2009年・2010年)金賞を受賞するほど。オリジナルの白い陶器ボトルに入った「STELLA」は30年前、ウイスキーに負けない焼酎を作ろうと開発。樽で長期熟成させたトウモロコシと大麦の焼酎をブレンドして作る熟成焼酎で同社の看板商品。「樽の香りが強調された重厚で上品な味わいが特徴」(同社ブランドマネージャーの溝口武さん)という。

[広告]

 幻になるかもしれない遷宮ボトルは、伊勢神宮内宮の主祭神=アマテラスが新しい宮に遷(うつ)る式年遷宮のクライマックス「遷御」が行われる10月2日に、職人が樽から出して、半人工の吹きガラスでできたオリジナル瓶に詰める「STELLA」の限定品。「東京カレンダー」が手がけるクラウドファンディング機能を活用し限定50本を販売しようと準備を進めている。

 クラウドファンディングとは、ソーシャルメディアなどを活用し、新商品の開発やイベントの開催、夢の実現などに掛かる費用を不特定多数の人たちから少額の資金提供を呼びかけ資金調達するしくみ。一定額(数)が集まった時点でプロジェクトを開始するためリスクを軽減することができるが、企画賛同者(=支援者)が集まらず一定額(数)に達しない場合は、「幻」になってしまう。

 溝口さんは「20年に一度の神宮式年遷宮、伊勢志摩の魅力を全国の人にもっと知ってもらいたいと思い遷宮ボトルを企画した。遷御の日に手詰めしなければいけないため50本しか作れない限定品。こちらのPR不足もあり目標金額620,000円に対して8月30日現在の達成金額は170,000円。16人からご支援いただいているが、まだまだ及ばず」と話す。

 支援は、3,000円、5,000円、10,000円(限定30個)、30,000円(限定15個)、100,000円(限定5個)のコースを用意。そのリターンとして、「感謝のメッセージ」「STELLAロックグラス6個」「STELLAコルクコースター3枚」など非売品のSTELLAグッズの提供などを準備する。遷宮ボトルは、10,000円以上のコース支援者に1口1本を付ける。また100,000円の支援者には、同社の関連企業が運営する宿泊施設「志摩地中海村」(志摩市浜島町)のペア宿泊券(1泊2食)と、豪華クルーザー「STELLA号」によるサンセットクルーズが付く。

 同企画の締切りは9月10日0時(9月9日24時)。溝口さんは「遷宮ボトルは、『ラベルに皮』を使用し遷御の日に詰めた証の『詰め日』、『支援者の氏名を入れた木札』、ホワイトオークの樽から作った『樽コースター』などが付く特別なもの。皆様の支援が無ければ生産できません。ぜひご支援をお願いします」と呼びかける。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?