見る・遊ぶ

伊勢・神宮美術館で特別展「日本の原風景」-開館20周年記念

伊勢・神宮美術館で特別展「日本の原風景」-開館20周年記念

伊勢・神宮美術館で特別展「日本の原風景」-開館20周年記念

  • 0

  •  

 1993年の第61回神宮式年遷宮を記念して創設された神宮美術館(伊勢市神田久志本町、TEL 0596-22-5533)で現在、開館20周年記念特別展「日本の原風景」が開催されている。

伊勢・神宮美術館、開館20周年記念特別展「日本の原風景」

 伊勢神宮に奉納された文化勲章受章者や文化功労者、日本芸術院会員、重要無形文化財保持者らの絵画や書、彫塑、工芸品などを展示する同館。所蔵作品は約400点。同展では日本独自の四季が織りなす原風景をテーマに、神やふるさとの風景、そこで暮らす人々などが描かれた38点の近代美術作品を展示。

[広告]

 愛知県立芸術大学(愛知県長久手市)第9代学長で日本画家の松村公嗣さんによる講演会「日本の四季と日本画」が10月26日、神宮徴古館(同)新館2階会議室で開催。第2・4日曜の14時からは、学芸員による作品説明も行う。

 同館学芸員の中村潔さんは「はっきりしていた日本の四季が今では、温暖化などの自然環境の変化だけでなく、人々の意識の中に無くなりつつある。春夏秋冬の日本の素晴らしい季節の良さを再認識していただければ」と話す。

 開館時間は9時~16時30分。月曜休館(祝日の場合はその翌日)。同展会期中は無休。観覧料は、大人=500円、大学・高校生=300円、小・中学生=200円。11月4日まで。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース