見る・遊ぶ 暮らす・働く

映画「娚の一生」-南伊勢町で榮倉奈々さん、豊川悦司さんらロケ

映画「娚の一生」-南伊勢町で榮倉奈々さん、豊川悦司さんらロケ(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

映画「娚の一生」-南伊勢町で榮倉奈々さん、豊川悦司さんらロケ(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

  •  
  •  

 三重県の伊賀市、南伊勢町と京都府の南山城村などがロケ地となった映画「娚(おとこ)の一生」が2月14日から全国199の映画館で公開されている。

【その他の画像】映画「娚の一生」南伊勢町でのシーン

 榮倉奈々さんや豊川悦司さん、向井理さんらが出演する同作は、西炯子(けいこ)さんのベストセラー漫画を映画化したもの。キャリアウーマンとして東京で頑張っていた主人公の堂薗つぐみ(榮倉さん)は、つらい恋愛でもう恋をしないと決め祖母が住む田舎の一軒家でひっそりと暮らす。祖母が亡くなると、52歳独身大学教授の海江田醇(豊川さん)が同居人に。最初は年の離れた海江田からの求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく。

[広告]

 監督は、榮倉さんが主役を務めた「余命1ヶ月の花嫁」(2009年)や南伊勢町や志摩市もロケ地となった「きいろいゾウ」(2013年)などを撮った廣木隆一さん。「きいろいゾウ」でも南伊勢町を訪れている向井理さんは、つぐみの心を揺さぶる元カレの中川役。そのほか、安藤サクラさん、前野朋哉さん、落合モトキさん、根岸季衣さん、濱田マリさん、徳井優さん、木野花さん、岩佐真悠子さん、坂口健太郎さんらが出演する。主題歌「Hold me, Hold you」はJUJUさんが歌う。

 昨年の5月3日からの約20日間で伊賀市を中心に南伊勢町(4日間)や京都府南山城村(2日間)で撮影。南伊勢町では盆踊りのシーン(同8日・10日)と嵐のシーン(同20日・21日)などを撮影した。盆踊りシーンでは地元住民約300人を動員。夏を演出するために半袖や浴衣に着替えて朝から夜までエキストラとして奮闘した。

 かき氷など露天屋台の売り子などに扮(ふん)した南伊勢町観光協会職員の山本早紀さんは、「ほぼ丸1日撮影にかかったが、とても楽しかった。榮倉奈々さんはとてもかわいかった」と話す。南伊勢町観光商工課観光交流係係長の弓場悟さんは「嵐のシーンの撮影では実際の天気も大雨だったが、さらに演出するために地元大江地区の消防団らが放水し大型送風機を回した。盆踊りの撮影時は昼間は暖かかったが夜はとても寒かった」と当時を振り返る。

 伊賀市と南伊勢町、伊勢志摩フィルムコミッション(伊勢市)は「ロケ地&観光周辺マップ」を作成し、上映中の映画館や町内で配布している。弓場さんは「『きいろいゾウ』で監督やスタッフとの信頼関係ができていたこともあり、南伊勢町でのロケが決まった。今度は南伊勢町がメーンのロケ地となる映画の誘致を関係各所に働きかけていきたい」と意欲を見せる。

 広域伊勢志摩圏内の映画館では109シネマズ明和(明和町)で2月末まで上映中。同館担当者によると「同作は、東海エリアの109シネマズの中でも上位にランキング。現在は2月末上映までは決定している。3月以降の上映はこれからの集客次第」と話す。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?