天気予報

27

19

みん経トピックス

伊勢で「伊勢エビクレープ」志摩で干潟再生国際シンポ

ホテル志摩スペイン村でハクセキレイが子育て 中庭・マーガレット鉢の中で

ホテル志摩スペイン村でハクセキレイが子育て 中庭・マーガレット鉢の中で

ホテル志摩スペイン村でハクセキレイが子育て 中庭・マーガレット鉢の中で

写真を拡大 地図を拡大

 志摩スペイン村(志摩市磯部町)パルケエスパーニャに隣接するホテル志摩スペイン村(同、TEL 0599-57-3511)中庭にあるマーガレットの鉢の中で現在、ハクセキレイが巣を作りひなを育てている。

【その他の画像】ホテル志摩スペイン村の中庭でセキレイが子育て

 スズメ目セキレイ科のハクセキレイは、海岸や河川、水田など水辺の近いところに生息し、黒、灰、白色の模様があり、尾羽を上下に振る習性を持つ。求愛行動は、セキレイの雌が前傾姿勢で尾羽を上げると、雄が尾羽を開いて翼を下げる。日本書紀には、セキレイの求愛行動からイザナギとイザナミが性交の仕方を学んだと記されている。「鶺鴒」と書き、別名ニワクナギ、ニワクナブリ、ニワナフリ、カワラスズメ、コイオシエドリ、トツギオシエドリ、イシタタキなどと呼ばれる。

 同ホテルによると、5月7日に職員が5個の卵を発見し、同16日にふ化したひなを確認したという。現在4匹のひなが大きく口を開けて親鳥からの餌を待っている。

 志摩スペイン村広報担当者によると、毎年ホテルの中庭のどこかに巣を作って卵を産み、子育てをしているといい、5個の卵を確認したが現在、赤ちゃんは4匹だけ。「大きくなるまで暖かく見守りたい」と話す。

 志摩スペイン村パルケエスパーニャでは現在、スタージャスミンの花が満開の見頃を迎え、園内に芳醇(ほうじゅん)な香りを漂わせている。

 スタージャスミンは、計126株が成長し、約100メートルのメインストリート「エスパーニャ通り」や「マヨール広場」などの壁面35カ所に植栽した物で、枝の長さは長いもので15メートルを超えるという。

 同広報担当者は「毎年6月ごろに花をつけるが今年は例年よりも早く、しかも一斉に満開となった。今が見頃なので足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 通常の入園パスポート料金は、大人=5,300円、中人(中学・高校生)=4,300円、小人・シニア(60歳以上)=3,500円。7月13日までの営業時間は9時30分~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

二見興玉神社の夫婦岩の間から朝日と富士山  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング