見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊勢神宮で最も重要な祭典「神嘗祭」 内玉垣には天皇陛下お手植えの稲穂も

伊勢神宮で最も重要な祭典「神嘗祭」 内玉垣には天皇陛下お手植えの稲穂も

伊勢神宮で最も重要な祭典「神嘗祭」 内玉垣には天皇陛下お手植えの稲穂も

  • 482

  •  

 伊勢神宮で最も重要な祭典とされる「神嘗祭(かんなめさい)」が10月15日から25日まで、伊勢神宮の正宮(しょうぐう)、別宮、摂社、末社125社で執り行われている。

【その他の画像】伊勢神宮で神嘗祭

 五穀豊穣(ほうじょう)、国家繁栄、世界平和を願う同祭は、「神嘗正月」「神宮の正月」とも呼ばれ、今年の初穂(新穀)を神にささげ感謝する。

[広告]

 昨年、伊勢神宮祭主となった天皇皇后両陛下の長女・黒田清子さんは15日から17日までの3日間、内宮(ないくう)と外宮(げくう)でそれぞれ、22時からの「由貴夕大御饌祭(ゆきのゆうべのおおみけさい)」、深夜2時からの「由貴朝大御饌祭(ゆきのあしたのおおみけさい)」、12時からの「奉幣(ほうへい)」などを奉仕した。

 「由貴夕大御饌」「由貴朝大御饌」は、アワビや伊勢エビなど約30品目も並ぶ夕食と朝食。「由貴」とは、この上なく貴いという意味、「奉幣」は勅使により天皇陛下からの幣帛(へいはく)を奉納すること。

 両宮の内玉垣には、外宮は15日の午後から16日の奉幣の儀まで、内宮は16日午後から17日の奉幣の儀まで、天皇陛下が皇居の水田で栽培された初穂や、神宮神田で作られた初穂、全国から送られた初穂を束ねた稲束「懸け税(かけちから)」が掛けられる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?