見る・遊ぶ

伊勢神宮の門前町にクラシックカー勢ぞろい「La Festa Primavera」

伊勢神宮の門前町にクラシックカー勢ぞろい「La Festa Primavera」

伊勢神宮の門前町にクラシックカー勢ぞろい「La Festa Primavera」

  •  
  •  

 公道クラシックカーレース「La Festa Primavera(ラ・フェスタ プリマヴェラ)2019」が4月19日~22日までの4日間、2府5県(愛知・三重・和歌山・大阪・奈良・兵庫・京都)を走る全走行距離約1250キロのコースで開催されている。

【その他の画像】おかげ横丁にクラシックカー勢ぞろい「La Festa Primavera」

 「ものを慈しみ大切に使う」という心を大会を通して伝えようと2009年から始まった国際クラシックカー連盟(FIVA)公認の同レース。3つの理念は「古い物に敬意を」「いくつになっても心・少年」「イベントに参加するすべての人々と友情の輪を広げる」。

[広告]

 今年のエントリーは72台(昨年は65台)。19日のルートは、熱田神宮(名古屋市熱田区)をスタートし、高田本山専修寺(津市一身田町)、伊勢神宮外宮(げくう)前の外宮参道(伊勢市本町)、鳥羽展望台(鳥羽市国崎町)、前日まで天皇皇后両陛下がご宿泊されていた賢島の志摩観光ホテル(志摩市阿児町)まで。

 2日目は、宿泊地となった同ホテルをスタートし、J-PLACE磯部(志摩市磯部町)、伊勢神宮内宮(ないくう)前を通り、おかげ横丁(伊勢市宇治中之切町)で鈴木健一伊勢市長が出迎えるチェックポイントを通過し、紀北町、熊野市まで南下し、熊野本宮大社(和歌山県田辺市)などを目指した。

 3日目は、和歌山城(和歌山県和歌山市)や談山(たんざん)神社(奈良県桜井市)などを経由。最終日は、天空の城「竹田城跡」を一望する山城の郷(兵庫県朝来市)、建仁寺(京都府京都市)などを経由し、ウエスティン都ホテル京都(同)をゴールする予定。

 2日目の伊勢市に設置したチェックポイントを通過したのは68台。タレントの堺正章さんはゼッケン59の1967年製MASERATI MISTRALで、クレイジーケンバンドのリーダー横山剣さんはゼッケン53の1956年製AUSTIN HEALEY 100/4 BN2で参加。最も古い車はゼッケン1の上島孝行さんと美佳さんが乗る1925年製BUGATTI T13 BRESCIA。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?