買う 暮らす・働く

伊勢・猿田彦神社で破魔矢の奉製作業 みこが絵馬など取り付け

伊勢・猿田彦神社で破魔矢の奉製作業 みこが絵馬など取り付け

伊勢・猿田彦神社で破魔矢の奉製作業 みこが絵馬など取り付け

  • 0

  •  

 猿田彦神社(伊勢市宇治浦田、TEL 0596-22-2554)のみこたちが現在、破魔矢(はまや)に絵馬などを取り付ける奉製作業を行っている。

【その他の画像】猿田彦神社のみこたちが破魔矢の奉製作業

[広告]

 日本神話「天孫降臨」で天照大御神(アマテラスオオミカミ)の孫に当たる瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を先導し道案内した神様とされる猿田彦大神(サルタヒコオオカミ)と伊勢神宮の地を倭姫命(ヤマトヒメノミコト)に献上したとされる大田命(オオタノミコト)を祭る同神社。交通安全、土地開発、開業、開運など「みちひらき」に関することにご利益があるとされる。

 破魔矢は、悪いものを寄せ付けないように断ち切るために飾られる縁起物。奉製作業は、約90センチの朱色の「大」(初穂料=1,500円)と約60センチのムク材を使った「小」(同=1,000円)の2種類に、来年のえとの寅(とら)をあしらった絵馬(2種類)や鈴、五色の吹き流し(大のみ)を外れないよう取り付ける作業で、11月中旬ごろから同神社のみこが交代で作業を進めてきた。大小合わせて約5000本を奉製し、完成した物はおはらいを行い、12月10日から授与を始めた。

 このほか、長さ約30センチの鏑矢(かぶらや)(同=1,000円)や、長さ約70センチの鉾(ほこ)(同=1,000円)を授与する準備も整えた。

 同神社では、「猿田彦大神」と「佐瑠女神社」の新しいお札(同=800円)と共に、新年に合わせて土地の四隅や出入り口にまき、土地や建物を清める「御敷地之砂(みしきちのすな)」(同=500円)の授与についても、12月5日に清砂頒布始祭を行い、新年用の「御敷地之砂」も準備した。

 同神社広報担当者の新居一城さんは「破魔矢は1本1本丁寧に作っている。猿田彦大神の道開きの力を受け、新たな気持ちで新年をお迎えいただければ」と話す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース