見る・遊ぶ 暮らす・働く

近鉄賢島駅の名物駅長「ペンギン駅長」、志摩市の観光特使に任命

近鉄賢島駅の名物駅長「ペンギン駅長」、志摩市の観光特使に任命

近鉄賢島駅の名物駅長「ペンギン駅長」、志摩市の観光特使に任命

  •  

 近鉄賢島駅(志摩市阿児町神明)のペンギン駅長「志摩ちゃん」が11月20日、志摩市から観光特使として任命された。この日は駅長就任2周年の記念式典も重なった。

ペコリとあいさつするペンギン駅長の志摩ちゃん、観光特使任命式

 志摩ちゃんは、10歳のメスのフンボルトペンギンで、賢島駅近くにある志摩マリンランド(同)で生まれ育った「生粋の賢島っ子」。現在、志摩マリンランドに在籍し、ペンギン水槽に飛び込んだり泳いだり、水から出ると居眠りしたり…と、仲間と戯れるのが仕事。その一方、近畿日本鉄道鉄道事業本部 名古屋輸送統括部 運輸部所属の賢島駅特別駅長を兼務し、駅の改札口に立ったり、ペンギン列車のツアーに同乗するなど緊張する仕事もこなす。

[広告]

 同市は、特別駅長として2年間務め、観光客を楽しませるだけでなく観光PRに一役買った志摩ちゃんの功績をたたえ、さらに観光PR、誘客に力を借りようと観光特使として任命、「志摩市観光特使任命書」と真珠のネックレスを授与した。同市の観光特使とは、対外的に知名度や話題性のある人物、動物、キャラクターなどに対して特別に任命する称号で、志摩ちゃんの任命は同市第1号。

 特別駅長に就任してから志摩ちゃんが、配った名刺の数は3,000枚。ちょうど無くなったため今回新たに「志摩市観光特使」の肩書きの入った名刺を5,000枚印刷した。早速のこの日志摩ちゃんの「部下」に当たる同社職員が新しい名刺を観光客に配り歩いていた。

 鳥羽駅と賢島駅の駅長を兼務する吉村和正さんは「志摩ちゃんと共に伊勢志摩を盛り上げていきたい」と意欲を見せる。動物駅長では先輩に当たる和歌山電鉄常務執行役員スーパー駅長のネコの「たま」からは「お互い女性動物駅長として、これからも地域の発展のために頑張ろうニャン」と祝電が届いた。

 近鉄は「ペンギン列車と志摩マリンランド『バックヤード探検』」のツアーを企画。この日も子ども45人を含む123人が同ツアーに参加した。名古屋から初参加の家族は「志摩ちゃん、とてもお利口さん。かわいい」と感想を漏らした。今後の同ツアー予定日は12月17日、2012年1月29日、2月25日、3月24日、各回限定150人。

 志摩ちゃんの任務でもある賢島駅の改札口に立つ出勤日は、11月27日、12月11日・25日、2012年1月8日・22日、2月12日・26日、3月11日・25日の10時~11時までの1時間。特別駅長の特別名刺の配布や記念撮影などのサービスに対応する。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?