食べる

「浦村カキ17個の定食」-鳥羽浦村で27年営業の飲食店、伊勢おはらい町へ

「浦村カキ17個の定食」-鳥羽浦村で27年営業の飲食店、伊勢おはらい町へ

「浦村カキ17個の定食」-鳥羽浦村で27年営業の飲食店、伊勢おはらい町へ

  • 0

  •  

 カキ養殖盛んな鳥羽市浦村で27年営業しカキ料理が人気だった飲食店「白い橋」が9月13日、店舗名を「宝彩(ほうさい) 伊勢」(伊勢市宇治浦田、TEL 0596-25-5991)と変更し伊勢のおはらい町に移転した。店主の迫間正道さんは、これからさらにカキが美味しくなる冬場を迎え心機一転、準備も万端だ。

「宝彩 伊勢」の「カキフライ定食」は大きなカキが17個

 メニューは、テーブルに備え付けの焼き台で焼く殻付きカキ5個、カキのむき身2個を1個にして揚げるカキフライ5個(カキ10個)、むき身が2個入った味噌汁にご飯などが付く「カキフライ定食(Aセット)」(2,600円)。焼きカキの代わりにカキ釜飯がつく「カキフライ定食(Bセット)」(同)。「焼きカキ10個」(2,100円)、「カキフライ定食(Cセット)」(1900円)。そのほか、志摩市安乗漁港で水揚げされたブランドクルマエビの「宝彩えび」のフライが2匹入った「宝彩えびフライ定食 大アサリつき」(2,600円)、27年継ぎ足してきたうなぎのタレで焼くうなぎ(並=1,500円、上=1,900円、特上=2,600円)など。

[広告]

 現在、浦村地区では「焼きカキ食べ放題」のスタイルでカキを提供する通称「カキ小屋」が集積し人気を集めているが、同地で初めて殻付きカキを焼いて食べさせたのが同店。「旧店でのカキ料理の提供は、『カキ養殖の本場なのだから、カキが食べたい』と客からのリクエストがきっかけ」と迫間さん。

 旧店は、迫間さんの父と母が1984(昭和59)年に開業。ホテルの料理長などの経歴を持つ父・斎(いつき)さんが料理を担当、冬場にはカキフライ、焼きカキ料理をメーンに、夏場には愛知県一色産のうなぎ料理と地元の天然岩カキを提供。今年5月5日まで営業し元気に働いていた斎さんだったが、その後体調を崩し入院、10月には帰らぬ人となってしまった。

 迫間さんは「自宅を改装した新店舗の準備が急きょ決定したため、今日までとても慌ただしかった。オープン日の9月13日は僕と父の誕生日でもあるので絶対変えたくなかった。父が残してくれたこの味をこれからも受け継いでいきたい」とオープンへの思いを父への思いと重ねる。「浦村カキのおいしさをこの場所で多くの人に知っていただき、さらに浦村カキのブランド価値を高めていきたい」とも。

 営業時間は、10時~17時30分(土曜・日曜・祝日は、18時まで)、水曜定休(水曜が祝日の場合は前日休み)。18時以降は予約のみ営業する。

Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?