学ぶ・知る

鳥羽水族館で「水中入社式」-黒のスーツの上に空気ボンベ背負って

鳥羽水族館で「水中入社式」-黒のスーツの上に空気ボンベ背負って

鳥羽水族館で「水中入社式」-黒のスーツの上に空気ボンベ背負って

  •  

 鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)のエントランスすぐの巨大水槽の中で3月31日、6年連続7度目となる水中入社式が行われた。

恒例の水中入社式には男女2名の新入社員が水中で辞令書を受けた

 コーラルリーフダイビング水槽と名付けられている巨大水槽は、当時世界初の全面ガラスを採用し熱帯の海に広がるサンゴ礁を再現した。通称ナポレオンフィッシュのメガネモチノウオやアオウミガメの「ゆうひ」のほか約100種5,000匹の魚たち、55種約650個のサンゴを飼育展示する。水量約800トン、水深5.5メートル、水温26度。

[広告]

 今年の新入社員は、遠藤志穂さん(愛知県出身)と田中侑弥さん(熊本県出身)の2人で、ともに飼育研究部の配属が決まっている。2人は、26日に入社し、今日までダイビングの猛練習を重ね、今回の水中入社式に臨んだ。

 水中入社式は、古田正美館長からの祝辞の後、仲野千里社長が入社辞令を読み上げ、水中の若井嘉人飼育研究部長から新入社員代表の遠藤さんに辞令が手渡され、さらに飼育係の先輩からは、ガラス磨き用のスポンジがプレゼントされた。水中から田中さんは「この水中入社式の新鮮な感動をいつまでも忘れず今日から全力で頑張っていこうと思います」とあいさつした。

 無事水中入社式を終えた田中さんは「実際に飼育し経験したことでないとわからない知識など、Wikipedia(インターネット上の辞書)に載っていないような情報を発信していきたい」と力強くコメント、遠藤さんは「大学時代に2度鳥羽水族館で研修をさせていただいたときに、生き物の素晴らしさを多くの人に伝えたいと思ったことが入社のきっかけ。体を張ってでもその魅力を伝えたい」と意欲を見せる。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?