世界最大のホシエイ、飼育1万日達成ー志摩マリンランドで大きさ測定も

世界最大のホシエイ、飼育1万日達成ー志摩マリンランドで大きさを計測

世界最大のホシエイ、飼育1万日達成ー志摩マリンランドで大きさを計測

  • 0

  •  

 志摩マリンランド(志摩市阿児町神明、TEL 0599-43-1225)で飼育展示中のホシエイが9月30日、飼育1万日を達成した。空気ボンベを背負った飼育職員2人が、飼育1万日を記念して体長を計測した。

志摩マリンランドのホシエイ-飼育記録10000日

 1986(昭和61)年5月15日に入館したホシエイは、同市大王町波切沖の定置網に掛かった雌。入館時の全長は約1メートル。「飼育記録25年」で日本一を更新した2011年5月に計測したときには、尻尾の長さを入れた全長2.85メートル、尻尾を除いた体盤長2.05メートル、体盤幅2.04メートルと畳2畳分以上の大きさにまで成長していた。水温約20度、縦10メートル、横10メートル、深さ2.4メートルの水槽では鼻先を水面に出しながら立つようにしてターンするが、そのたびに愛らしい表情の顔を見せている。来館者はその大きさに驚きながら、顔のかわいらしさにほほ笑んでいる。

[広告]

 ホシエイは軟骨魚網トビエイ目アカエイ科に属し、本州北部から北海道と朝鮮半島沿岸域で生息。座布団のような形をし、尻尾の付け根に毒針を持つ。背面に星のような白い斑点が線を引くように並ぶのが特徴。生態はまだ分かっていない。体盤幅が8メートルに達するという同じエイの仲間トビエイ科のオニイトマキエイ(マンタ・レイ)の大きさには及ばない。1985(昭和60)年6月入館で飼育記録を更新する東海大学海洋科学博物館(静岡県静岡市)の同じアカエイ科のマダラエイに次ぐ。

 同博物館の広報担当の手塚覚夫さんは「ホシエイの1万日飼育記録はすごい」と称賛。同館の里中知之館長は「ホシエイの飼育記録日本一は間違いないが、世界の水族館でも例がないようなので世界一だろう。『寿カンパチ』のように人気者になってほしい」と話す。この日、飼育員2人が長いロープを持ってホシエイの体長を測定したが、2011年当時とほとんど変わっていなかった。

 開館時間は9時~17時。入館料は、大人=1,250円、中高生=700円、小学生=500円、幼児(4歳以上)=300円。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?