暮らす・働く

「日本三大御田植祭」の一つ、伊勢神宮別宮「伊雑宮」の神田で

「日本三大御田植祭」の一つ、伊勢神宮別宮「伊雑宮」の神田で

「日本三大御田植祭」の一つ、伊勢神宮別宮「伊雑宮」の神田で

  •  
  •  

 伊勢神宮内宮の別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」(志摩市磯部町)と同宮神田で6月24日、「御田植祭(おみた・おたうえさい)」が執り行われた。

大きなうちわのついた忌竹を裸で奪い合う「竹取神事」

 同祭は、香取神宮(千葉県香取市)と住吉大社(大阪市住吉区)の御田植祭とともに日本三大御田植祭の一つとされ、平安時代から行われていたといわれている。「白真名鶴伝説」「鶴の穂落とし伝説」(倭姫命が志摩を訪れた時に昼夜鳴く鶴がいたので見にいくと稲穂をくわえていたという伝説)に由来するとされ、昔から伝わる祭りで歌われる躍り込み唄や数え唄の歌詞に由来の伝説が登場する。

[広告]

 祭りは、伊雑宮でおはらい、参拝を行い、場所を神田に移動。裸男が大きなうちわのついた忌竹(いみだけ)を奪い合い泥だらけになりながら繰り広げる動的な「竹取神事」、赤い衣装を着て倭姫命に扮(ふん)した太鼓打ちが田舟に乗り田楽を奏でながら、白い衣装に赤いたすきがけの早乙女らが田植えを行う静的な「御田植神事」、作業を終わり同宮の一の鳥居まで役人一同が踊りながら行進する動と静を合わせ持つ「踊込み」の3部構成。

 この日は快晴に恵まれ全ての祭典が無事滞りなく行われた。「竹取神事」で奪い合ったうちわの紙や竹を神棚に供えると無病息災、商売繁盛、豊漁になると言い伝えられているため、人々はその紙切れや竹を手に、有り難そうに大切に持ち帰った。

 同祭の総合プロデューサー的な立場となる「師匠」の役に今年から就いた谷崎豊さんは「天気にも恵まれ無事祭りを終えることができた。歴史あるこの御田植祭を後世に伝承していくために(『師匠』として)責任を持って取り組んでいきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?