見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊勢神宮内宮に架かる宇治橋・鳥居に大きな光の輪 風日祈祭の日に

伊勢神宮内宮に架かる宇治橋・鳥居に大きな光の輪 風日祈祭の日に

伊勢神宮内宮に架かる宇治橋・鳥居に大きな光の輪 風日祈祭の日に

  • 30

  •  

 伊勢神宮内宮(ないくう)の宇治橋前で5月14日6時30分ごろ、大鳥居を包み込む大きな光の輪が現れた。

【その他の画像】伊勢神宮を包み込む大きな光の輪

[広告]

 光の輪は、太陽の周りに虹の輪ができたように見える「暈(かさ、ハロ)」のこと。太陽や月の周りを薄い雲が覆った際に、虹のような光の輪が現れる。太陽に現れたものを日暈(ひがさ、にちうん)、月に現れたものを月暈(つきがさ、げつうん)と呼ぶ。

 この日は内宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」と外宮(げくう)の「風宮(かぜのみや)」を中心に125社全てで、適当な風が吹き、適当な雨が降るよう祈願する「風日祈祭(かざひのみさい)」と天照大神(あまてらすおおみかみ)に「和妙(にぎたえ)」と呼ぶ絹と「荒妙(あらたえ)」と呼ぶ麻と、針と糸を供える祭典「神御衣祭(かんみそさい)」が正宮と荒祭宮で執り行われる日。

 伊勢志摩サミット(5月26日・27日)開催まであと12日。伊勢神宮は5月26日、「神宮行事のため内宮の参拝を5時~13時まで一時停止する」と発表している。「G7で集まる首脳たちが訪れるのでは?」と地元ではささやかれている。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース