陸自明野駐屯地・航空学校で成人式 15トンの輸送ヘリと綱引き

陸自明野駐屯地・航空学校で成人式 15トンの輸送ヘリと綱引き

陸自明野駐屯地・航空学校で成人式 15トンの輸送ヘリと綱引き

  •  
  •  

 陸上自衛隊明野駐屯地・航空学校(伊勢市小俣町)で1月16日、成人式が行われた。

【その他の画像】15トンの輸送ヘリと綱引き

 早朝に伊勢神宮内宮(ないくう)を参拝して成人式に臨む新成人は、教育支援飛行隊の羽田智史3曹(東京都)、高橋采希士長(三重県)、第10飛行隊の佐々木大成3曹(宮崎県)、橋本孝明士長(大阪府)、橋田準士長(三重県)、航空学校整備部の大芝貴博士長(三重県)、我孫子拓也士長(埼玉県)、第5対戦ヘリコプター隊の中川浩登3曹(大阪府)、藤原功一士長(山口県)、門(もん)真希士長(和歌山県)、徳永剣士長(京都府)、南木克也(島根県)、基地通信隊の太田臣郷(しんご)(三重県)。この日は13人の内、同駐屯地内で任務に当たる10人が出席した。

[広告]

 成人式で、陸上自衛隊航空学校長兼明野駐屯地司令・陸将補の田尻祐介さんは「大人になったことを自覚せよ。目標に向かってチャレンジせよ」とエールを送った。中川3曹は「次世代を担っていく自衛官になれるよう、使命を自覚し強い責任感を持ってさらなる精進努力をする覚悟」と誓った。

 成人式の後10人は、飛行場エプロンに移動し、現在陸上自衛隊で最も大きく重いヘリコプターCH-47J(重量約15トン、胴体長15.54メートル、胴体幅3.78メートル、全高5.68メートル、搭乗人員数最大58人、愛称チヌーク)を、ロープを使って素手でけん引、約20メートル引っ張った。同セレモニーは、陸上自衛隊の航空を自分たちが力を合わせて引っ張っていくという決意を持たせるため、その責任の重さを実感させようとするもの。

 ヘリコプターのパイロットを目指す佐々木3曹は「結構重かったが、みんなで力を合わせれば引っ張ることができた。みんなから信頼される自衛隊員を目指したい」と力を込める。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?