暮らす・働く 学ぶ・知る

伊勢・二見興玉神社境内社「栄野神社」で湯立神事 煮立った湯のしずく全身に

伊勢・二見興玉神社境内社「栄野神社」で湯立神事 煮立った湯のしずく全身に(撮影=岩咲滋雨)

伊勢・二見興玉神社境内社「栄野神社」で湯立神事 煮立った湯のしずく全身に(撮影=岩咲滋雨)

  •  
  •  

 二見興玉神社(伊勢市二見町)の飛地・境内社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、「湯立(ゆたて)神事」が行われた。

【その他の画像】栄野神社の湯立神事

 直径約1メートルの大釜に同神社の井戸からくみ上げた水を入れ、まきで火を沸かし沸騰させ準備する。神職が1束50本のクマザサを両手に1束ずつ持ち、煮えたぎる湯の中にクマザサを漬け、勢いよく左右左に振り上げ、はらい清める同祭。その湯を全身で浴びると、罪けがれがはらい清められ、1年間無病息災で過ごせると、約200年前から伝えられている。

[広告]

 最初に同神社の金子清郎宮司が大釜に入れたクマザサで祭殿や氏子らをはらい清めると、続いてみこが「煮えたぎる 湯玉の露を自らに 受けて清めよ 身の禍事(まがごと)を」と和歌に合わせ、クマザサを振りながら大釜の周りを2周する「湯立舞」を行った。その後も同神社の4隅をはらい清めると、神職らが入れ代わり立ち代わり合わせて24束のクマザサで、参拝者らをはらい清めた。

 神職がクマザサを勢いよく振ると、白い湯気が立ち、参列した人たちの頭や頬に熱湯が飛び、思わず「熱ちっ」と声が漏れた。それでも参列者は我慢しながら湯玉を受けていた。

 金子宮司は「人間は1日に9000回、無意識のうちに右へ行こうか左へ行こうかと判断を迫られている。すがすがしい清らかな気持ちでいると神さまがどちらへ行けばいいか自然に教えてくれる」と話す。

 神事が終わると、金子宮司から参列者に、神事で使ったクマザサが直接手渡された。クマザサには神が宿るといわれ、神棚などに飾ると湯玉を受けることと同様に家族が1年間無病息災で過ごせるという。

 同神社は、第11代垂仁天皇の皇女=倭姫命(やまとひめのみこと)が、この地の海岸に着船したときに出迎え、堅塩(焼き固めた塩)を献上したとされる「佐見都比古命(さみつひこのみこと)」と、倭姫命が国名を尋ねたときに「速雨の二見国」と答えた「大若子命(おおわくごのみこと)」の2座を祭る。同町茶屋の伊勢神宮内宮(ないくう)摂社の「堅田(かただ)神社」も「佐見都日女命(さみつひめのみこと)」を祭っている。

SmartNews Awards 2019

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?