プレスリリース

リトリートをテーマに旅行・ワーケーションを提案するサービス COCORISM SHIMAのモニターツアーの募集を開始します

リリース発行企業:株式会社ホークアイ

情報提供:

株式会社ホークアイは、リトリートをテーマに旅の全てがコーディネートされたあたらしい旅行サービス COCORISMの第二弾を、株式会社KABUKUを中心とする志摩エリアの様々な事業者と連携し、COCORISM SHIMAとしてモニターツアーを2022年2月に全4行程(リトリートプラン2行程・ワーケーションプラン2行程)にて実施します。モニターツアーの募集期間は2022年1月1日(土)~1月31日(月)までになります。


【概要】
COCORISMとは、「ヒーリング・リトリート」をテーマに、食事・運動・睡眠・メンタルヘルス・環境の5つの観点から、旅の全てがコーディネートされた新しい旅のサービスです。ツアー期間中に、専門家のカウンセリングを受けつつ、様々なヒーリング・リトリートプログラムを選んで体験することが可能です。特に、体に入れる食事が重要と考えており、最先端の栄養学の知見に基づき、植物性の食事を中心とした「未来の食事」を提供します。

本企画は、株式会社ホークアイのCOCORISMがプロデュースする第ニ弾です。COCORISMのヒーリング・リトリートプログラムと、志摩 の「地」と「人」が織りなす、ココでしか体験出来ないプログラムを開発しました。伊勢志摩国立公園の南部の志摩・市後浜エリアを中心とする広域の観光拠点を作り出し、域内の複数の事業者と協力することで、観光客の地域内の回遊と、地域経済の活性化を図ります。

今回は参加者の目的に応じて、旅の全てがリトリートでコーディネートされたリトリートプランと、自然に囲まれた空間で柔軟にワーク時間を確保できるワーケーションプランの2プランを提供します。リトリートプランのメインターゲットは30代~50代のフルタイムで働く女性、ワーケーションプランのメインターゲットは新たな働き方に関心のあるすべてのワーカー。リトリートプログラムを通じ、日常生活で発生するストレスと不安からの解放と本質的な体質改善を図ります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://cocorism.jp/shima/


<参考>
COCORISM第一弾のCOCORISM OWASEの詳細についてはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000052336.html

【サービス開発の背景】
◎ストレス社会の深刻化とコロナウイルス感染拡大による将来不安
女性の社会進出が本格化し、男性と同じ期待と責任が持たされるようになっていることに加え、コロナウイルスの感染拡大によって将来不安が高まっていることから、ストレスが増大し、その解決策に対するニーズが増加しています。

◎観光のあり方の変化
若い世代を中心に、観光に求めるニーズが変容してきており、「Special Purpose Tourism(目的型観光)」へのニーズが今後、表面化すると考えています。

<ポイント>
・旧来の観光地の魅力の低下(ex. 「見て感動する」体験価値が低下、コンテンツ単品での価値が低下)
・その地域で何を達成して帰ってきたいのか?(目的型観光へのニーズの勃興)地域で統合された体験・世界観が重要に

【コンセプト】
COCORISMは、自然の持つチカラを通じて、ストレスや疲れを取り除き、体質を改善することで、すべての人が前向きな気持ちとエネルギーに溢れた生活を取り戻せるようにすることを目指します。





◎Healing × Tourism
・旅先の非日常空間でココロもカラダも深く、癒やされる体験
・食、運動、メンタルヘルス、睡眠、環境といった5つのアプローチを統合した独自のヒーリング・リトリートプログラムを体験できます。

◎Wellness × Sustainability
・日常生活で発生するストレスと不安からの解放と、本質的な体質改善を重視し、薬や化粧品に頼らなくても健康で美しいココロとカラダを作ります。
・自分のことだけを考えるのではなく、他の人のこと、動物のこと、地球のことまで考えることで、もっと良い人生を、もっと良い社会を作ることができます。

【モニターツアー】
観光庁の令和二年度第三次補正予算事業「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」採択事業として、株式会社KABUKUと連携し、三重県志摩市にて以下の日程でモニターツアーを実施します。志摩市内の多くの事業者と連携し、これまで実現できなかった付加価値の高い中長期滞在のあり方を検証します。
今回は滞在期間中にリモートワークの時間を確保したワーケーションプランも催行致します。こちらは通常のリトリートプランの中で自由にワーク時間を確保し、ご自身の仕事を柔軟に行える内容となっております。

<日程>
~リトリートプラン~(59歳以下の女性限定)
A日程:2022年2月5日(土)~2月9日(水)
B日程:2022年2月11日(金)~2月15日(火)

~ワーケーションプラン~(男女年齢問わず)
A日程:2022年2月7日(月)~2月11日(金)
B日程:2022年2月14日(月)~2月18日(金)

<宿泊場所>
・Kabuku Resort(グランピング)2泊
・Hotel & Resorts ISE-SHIMA(リゾートホテル)2泊

<料金>
無料(ツアー期間中の宿泊費・交通費・基本となる飲食費は主催者が負担致します)
※集合場所までの交通費は参加者のご負担です。
※ツアー内容に含まれない事項の費用は参加者のご負担です。

<ご参加はこちらの専用ページよりお申し込みください>
??リトリートプラン:https://cocorism.jp/shima/
??ワーケーションプラン:https://www.notion.so/jp-pray/COCORISM-SHIMA-Workation-Program-7179d7a59b3144a3b4c52886b7c06f22

※2022/1/10追記※
◆抽選結果のお知らせについて
現在各日程にて大変多くのお客様からの応募があり、いずれもご参加にあたり抽選をさせていただく予定です。つきましては以下のスケジュールにて抽選を行いますので結果のご通知まで今しばらくお待ちください。抽選結果についてはすべてのお客様にご連絡致します。
リトリート・ワーケーションA日程:1/22(土)発表(21日の23:59応募締切)
リトリート・ワーケーションB日程:2/1(火)発表(31日の23:59応募締切)

旅の全てがコーディネートされており、集合場所まで来ていただければ上記コンセプトを思いっきり体験出来る機会となっています。ぜひ参加をご検討ください。

【COCORISM OWASE(第一弾)の様子】
第一弾COCORISM OWASEは2021年2月11日から2月14日に三重県尾鷲市にて実施しました。実施の様子をご紹介します。



【感染症対策】
本モニターツアーは参加者の方が安心してツアーに参加出来るように、第一弾(COCORISM OWASE)同等程度の感染症対策を行った上で催行いたします。

【Q&A】
Q1:第一弾(尾鷲市)と大きな違いはなんですか?
A1:基本的なコンセプトは同じですが、アクティビティや食事内容については実施場所の魅力を最大限引き出した内容をご用意しています。第二弾の志摩市は伊勢志摩国立公園に位置し、リアス式海岸に代表される美しい自然と産物に恵まれており、それらの特徴を活かした志摩市でしか体験できないコンテンツを多数ご用意しています。食事内容については植物性を中心としつつも地域で豊富な海産物なども使用した料理を提供します。

Q2:リトリートプランとワーケーションプランの違いはなんですか?
A2:リトリートプランはCOCORISMのコンセプトに基づいて全行程を通してアクティビティのご参加をお願いしております。一方でワーケーションプランはリトリートプランのアクティビティ・食事の中からご自身のご都合に合わせて選択いただき、自由にワーク時間を確保いただけます。

Q3:1人での参加はできますか?
A3:可能です。ただ、2名以上でのご参加を推奨しております。

Q4:参加条件はありますか?
A4:リトリートプランについては今回実証実験で効果検証などの目的もあり、大変勝手ながら59歳以下の女性に限定しております。一方、ワーケーションプランは男女年齢問わずご参加いただけますので気軽にご参加ください。その他詳細の条件いついては各申し込みページをご覧ください。

【事業関係団体】
幹事・主催:株式会社KABUKU
企画・運営:株式会社ホークアイ
ヒーリングアプローチの監修:鈴鹿医療科学大学 中東真紀准教授
モニターツアー窓口業務:近畿日本ツーリスト
協力:志摩市を中心とした様々な地域団体(ex. 大和リゾート株式会社、GOOD GOOD MEAT、和栄タクシー、志摩自然学校、ステップオーシャン、など)

【株式会社ホークアイとは】
三重県鈴鹿市に本社を置き、企業や自治体に対して遊休資産の活用のプロデュース事業を行う他、尾鷲ヒノキを活用したプライベートサウナ「COCO SAUNA」の製造販売、自宅及び観光地で出来るリトリートプログラムサービスの「COCORISM」といったサービスを提供するベンチャー企業。

【株式会社KABUKUとは】
三重県志摩市、市後浜に隣接するグランピング・バーベーキュー・カフェなどの総合リゾート施設「Kabuku Resort」を運営。日本の伝統文化と異文化を融合し新しい粋な文化を創造し、世界に発信。衣食住の視点から埋もれているメイドインジャパンを発掘し異文化を融合させ、KABUKUブランドとして日本の職人達を、世界へ繋ぐ架け橋となることを目指す。
HP:https://kabuku-co.jp/

【既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業とは】
地域等が作成した「観光拠点再生計画」に基づき、全国100箇所を目安に観光拠点を再生し、地域全体で魅力と収益力を高める事業について短期集中で強力に支援する観光庁の令和二年度第三次補正予算事業。
詳しくはこちらを参照ください。
https://www.kizonkanko.net/

【本企画に関するお問い合わせ先】
株式会社ホークアイ
事業担当:伊藤
<連絡先>
Mail:itoken@hawk-eyes.jp
TEL:090-9926-1702
会社HP:https://hawk-eyes.jp/business/wellness/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース