プレスリリース

環境課題解決型複合施設《CO Blue Center》が2023年4月、三重県志摩市に完成。コンセプトは「地球を想い、安らぎながら働く。」

リリース発行企業:株式会社Respective Productions

情報提供:

海沿いのオフィス群にサウナ !? コーヒースタンド !? サーフィンも目の前 !? 「働きながら、心身ともに “ととのえる”」 オフィス入居者も募集開始!企業・大学・行政・地域等と連携も開始。


メインビジュアル


VISION|海辺から地域課題・地球課題を解決する

CO Blue Center(コー フ゛ルー センター・代表 東山迪也)は、地域・技術・海の3循環 [Blue Cycle] を実現すべく、センター内に約8種類の事業・サービスを展開予定。 気候変動・海洋プラ問題・地域課題などに適応するソーシャルビジネスを立ち上げる企業を多く集め、環境課題解決に取り組む。





ウェルネス&ウェルビーイングを感じる環境づくり

施設内にはコワーキングスペース・サテライトオフィス・インターラボ・コーヒースタンド・サウナ・ライブラリー・ギャラリー・簡易宿泊など独自のサービスが揃う。
同施設では、好奇心を刺激しあえるコミュニティを作るためのコワーキングスペース・サテライトオフィスを構え、集まった人が安らぎながら働けるようコーヒースタンドやサウナ施設も付帯する予定。
また、COから徒歩100 秒で、サーフスポット国府の浜。身も心もととのえて、チルワーク。
安らぎながら働ける環境」と「ビジネスや先端技術の相乗効果」を生み出し、人生の豊かさを考え体感しながら、ソーシャルビジネスを最速で成功させるための場所作りを目指す。

安らぎながら働く



インターラボでは、すでに世界初の技術が誕生し、成果を上げている。

環境適応型農業技術の開発を行う株式会社CULTIVERA|カルティベラ(本社:沖縄県国頭郡、代表取締役:豊永翔平)が同施設内で「海水農業」を研究し、海水から野菜を育てることに世界で初めて成功した。


株式会社CULTIVERA
さらに次の開発として、海上建築スタートアップ「N-ARK」と連携し、気候変動や難民問題といった社会課題に対するひとつの解として、海の新たな可能性開拓に、最先端の科学技術をもって「海上農業」の開発に取り組む。


戦略パートナーN-ARKから生まれる海上ファーム「グリーンオーシャン」では、アルカリ性の海水と酸性の雨水を混ぜ合わせてph調整を行い、多様な種類の根を育成することで、海水の養分が吸収できる「海水農業」技術を「カルティベラ」がCOにて開発中。


企業・大学・行政・地域等と連携も締結。オフィス入居者も募集開始!

リモートワーク・ワーケーションが後押しした働き方の多様性を追い風に、地方発・世界に向けて挑戦するソーシャルビジネスを募集開始。(2023年4月からの入居者募集



【サテライトオフィス月額料金】
オフィス L(20.84m2)・・・¥90,000~
オフィス M(11.91m2)・・・¥60,000~
オフィス S(9.94m2 )・・・¥50,000~【決定済】
※入居者特典として、コーヒー・サウナの割引有り

【同施設】
Instagram| https://www.instagram.com/co.blue.center

【本件に関するお問合せ先】
CO Blue Center 担当:東山迪也
メールアドレス: michiya@rep3.jp

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース