天気予報

12

3

みん経トピックス

直径8ミリ粗びきハンバーグ伊勢の老舗バー古民家に移転

自転車ロードレース「ツール・ド・三重」開幕、志摩・合歓の郷から

  • 0
自転車ロードレース「ツール・ド・三重」開幕、志摩・合歓の郷から

自転車ロードレース「ツール・ド・三重2012」開幕、合歓の郷から

写真を拡大 地図を拡大

 自転車ロードレース「ツール・ド・三重(TOUR DE MIE)2012」2月5日、「合歓の郷(ねむのさと)」(志摩市浜島町)で開幕した。1戦目のレースに125人が参加した。

TOUR DE MIE(ツール・ド・三重)開幕、合歓の郷クリテリウム

 昨年から始まった同大会、合歓の郷(1月)、松阪競輪場(5月)、大台町北総門山(6月)、三重県営サンアリーナ(7月)、いなべ農業公園(9月)の年5回のレースが開催され、合計参加出場者約800人を数え、来場者約2000人が自転車レースを楽しんだ。

 「三重県をサイクリング王国にしよう」と地域振興、サイクルスポーツの普及促進を目指し、「サイクリングクラブ三重」(志摩町和具)が中心となって組織する同実行委員会が主催する同大会。

 ルールは全試合のポイント加算方式。今年から「春の長良川クリテ」「冬の長良川クリテ」の2レースがポイント対象レースとして加えられ、「ツール・ド・三重」4レース、計6レースが対象となる。優勝者20ポイント、2位15ポイント、3位10ポイントなど、レースごとにポイントを付与し、その年間のポイント獲得数で総合チャンピオンを決定する。昨年度は合計獲得ポイント56点で東洋水産ロードレース部の藤井壮太さん(静岡県)が1位に輝いた。

 1戦目の合歓の郷コースは、街中などに設定した周回コースを走る「クリテリウム」と呼ばれるレースで、1周を1.45キロに設定し、「ビギナー」クラスは5周(7.25キロ)、「スポーツ」クラスは10周(14.5キロ)、「エリート」クラスは20周(29キロ)を走り切りゴールする。

 大山毅実行委員長は「参加者には大変好評で、今後も続けてほしいという声が非常に多かった。今回は女性の参加者も増えより広がりを感じた。今後はプロ選手との前日サイクリングや講習会、競輪選手とのふれあいなどのイベントも開催予定」と話す。

 試合結果は以下の通り。

 個人エンデューロの部=1位小川修(松阪市)、2位皿屋豊(伊勢市)、3位藤波政臣(愛知県)。チームエンデューロの部=1位SAKAI★RACING(津市)、2位SAKAI★RACINGチームKCC(同)、3位WINGZERO A(愛知)。ビギナークラス=1位小寺方一(東京)、2位的場勝仁(愛知)、3位間下哲也(御浜町)。スポーツクラス=1位池浦雄一(大阪)、2位余野部卓司(伊賀市)、3位向井建樹(明和町)。エリートクラス=1位上村領佑(鳥羽市)、2位皿屋豊(伊勢市)、3位小川修(松阪市)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

和具漁港源吉丸の出航、和具漁港  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング