暮らす・働く

三重TVが伊勢神宮式年遷宮特別番組「お伊勢さん」放送-全社挙げて制作

三重TVが伊勢神宮式年遷宮特別番組「お伊勢さん」放送-全社挙げて制作

三重TVが伊勢神宮式年遷宮特別番組「お伊勢さん」放送-全社挙げて制作

  •  

 三重テレビ放送(津市)は1月から毎月第1金曜の20時~20時55分に、伊勢神宮式年遷宮特別番組「お伊勢さん」を放送する。全10回のシリーズで、毎月最終金曜の同時刻に再放送も予定する。

特別番組「時を紡いで」は毎年元日に放送。これまで8タイトルを制作

 同社は、伊勢神宮・式年遷宮についてわかりやすく紹介する特別番組「時を紡いで」を毎年元日に放送し、これまで8タイトルを制作してきた。式年遷宮は、同社の開局から3回目となり、今回の番組は全社を挙げて取り組むプロジェクトだという。10月最終回は、内宮からの生中継を予定するほど。

[広告]

 初回の放送となる1月4日のテーマは「倭姫命と斎王」。宮中に祭られていた天照大神(あまてらすおおみかみ)が、なぜ都から離れ伊勢で鎮座されることになったのかを探る。天皇の御杖代(みつえしろ)として仕えた斎王や伝説を舞台化した三輪明神ゆかりの能「三輪」について紹介、古代の日本人の精神世界を描く。ゲストに、鷹司尚武神宮大宮司、エッセイストの阿川佐和子さん、随筆家・白洲正子さんの孫にあたる文筆家の白洲信哉さんが登場する。

 今後予定する番組のテーマとゲストは、2回(2月1日)「神宮125社まいり」俳人の黛まどかさん、3回(3月1日)「神宮神田の1年」、4回(4月1日)「式年遷宮の経済」俳優の石坂浩二さん、5回(5月3日)「お伊勢参り」落語家の桂文珍さん、6回(6月7日)「神宮の音楽」、7回(7月5日)「神宮の建築」京都大学教授の高松伸さん、8回(8月2日)「神宮と自然環境」フリーアナウンサーの草野満代さん、9回(9月6日)「神領民の心意気」、10回(未定)「『遷御の儀』内宮生中継&遷宮行事を振り返る」女優の檀れいさん。番組ナビゲーターに、三重県熊野市の観光大使を務める宝塚歌劇団出身の歌手で女優の夢輝のあさん、脚本を神宮についての執筆も多数ある、文筆家の千種清美さんが務める。

 全国の系列放送局でも放送が決まっている。第1回番組は、4日テレビ神奈川(神奈川県)、6日奈良テレビ(奈良県)、7日岐阜放送(岐阜県)、8日テレビ埼玉(埼玉県)、11日千葉テレビ(千葉県)、20日とちぎテレビ(栃木県)、25日KBS京都(京都府)、26日群馬テレビ(群馬県)、27日サンテレビ(兵庫県)。東京MXテレビ(東京都)、びわ湖放送(滋賀県)、テレビ和歌山(和歌山県)、テレビ熊本(熊本県)、鹿児島テレビ(鹿児島県)については現在調整中。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?