見る・遊ぶ

石原慎太郎さんが初代会長を務めた志摩ヨットハーバーのクラブハウス全焼

石原慎太郎さんが初代会長を務めた志摩ヨットハーバーのクラブハウス全焼。クラブハウスは左側(木の陰に隠れたところ)の高台にありヨットハーバー全体を見渡すことができた。

石原慎太郎さんが初代会長を務めた志摩ヨットハーバーのクラブハウス全焼。クラブハウスは左側(木の陰に隠れたところ)の高台にありヨットハーバー全体を見渡すことができた。

  • 0

  •  

 歴史ある志摩ヨットハーバー(南伊勢町船越)で6月14日、火災が発生し鉄骨2階地下1階建ての建物延べ511平方メートルを全焼した。

志摩ヨットハーバーの全焼したクラブハウスの悲惨な画像

[広告]

 同施設は、ヨットハーバーのほか、宿泊施設、テニスコート、プールなどを完備した欧米型リゾートハーバーとして1972年5月にオープン。海洋レジャーの普及を目的に同年3月発足、石原慎太郎さんが初代会長を務めた「Vivre Ocean Club(ヴィーブルオーシャンクラブ)」の本拠地でもあり、ヨットマンにとって歴史ある、憧れのハーバーとしても人気を集めていた。水面積2万5000平方メートル、収容隻数109艇。国内最高峰の外洋ヨットレース「パールレース」の出発港でもある。

 全焼したのは、レストランやバー、同クラブのクラブハウスとして活用されていた建物。同日3時30分ごろ、宿直し仮眠中だったスタッフが火災報知器のサイレン音に気づき目を覚ました。「すでにロビーで煙や炎が上がっていた」(スタッフ)という。幸いにもそのほかの施設や、山林への火災は免れた。

 15日には、同施設メンバーや仕事で関わりのある人たちが後片付けを行っていた。現地スタッフによると「クラブメンバーやヨットを係留してくれている方々から『大丈夫だったか?』『何かできることがあれば言ってほしい』などとたくさんの励ましの連絡をいただいている」と打ち明ける。現段階では今後の予定など何も決まっていないという。

 名古屋在住の同クラブメンバーは「クラブハウスが全焼したと聞いて居ても立ってもいられず心配で駆けつけた。ここがオープンした時からのメンバーで思い出があり過ぎて言葉が出ない」と話す。

 今年も7月26日~28日の期間で同港から神奈川県の江の島を目指す「第54回パールレース」の開催が予定されている。スタッフミーティングや懇親会会場としてこれまで使われていたクラブハウスだったが、クラブハウス以外は特に被害がなかったことから現在、同レーススタッフはレース実施に向けた調整に東奔西走している。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース