学ぶ・知る

倉木麻衣さん、伊勢神宮内宮で歌の奉納ー津波バイオリンとの共演も

倉木麻衣さん、伊勢神宮内宮で歌の奉納ー津波バイオリンとの共演も

倉木麻衣さん、伊勢神宮内宮で歌の奉納ー津波バイオリンとの共演も

  •  

 歌手の倉木麻衣さんが9月14日、伊勢神宮内宮にある参集殿奉納舞台で歌の奉納を行った。東日本大震災の瓦礫(がれき)で作ったバイオリン「Tsunamiヴァイオリン」(奏者=中澤きみ子さん)との共演もあった。

倉木麻衣さん伊勢神宮奉納、振り袖姿初披露

 倉木さんは、音楽活動を続けながら東日本大震災復興支援活動にも積極的に参加。今年6月には「瓦礫を活かす 森の長城プロジェクト」に大勢のボランティアとともに植樹活動を行った。また夏には歌の力でメッセージを届けようと「再生『RE:』」をテーマに全国ライブツアー(全12カ所)を行ったばかり。これまでシングルCD39枚、アルバム12枚をリリース、テレビアニメ・映画で人気の「名探偵コナン」のテーマ曲を数多く歌う。

[広告]

 コンサート初披露だという振り袖姿で登場した倉木さんは、「国歌 君が代」を独唱。オリジナル曲「Secret of my heart」「Reach for the sky」「風のららら」「さくら さくら…」「chance for you」「always」6曲を熱唱。東日本大震災のチャリティーソングとして作った曲「あなたがいるから」と文部省唱歌の「故郷」をTsunamiヴァイオリンを弾く中澤きみ子さんと共演した。

 Tsunamiヴァイオリンは、東日本大震災の瓦礫の中の流木を使い、中澤さんの夫でバイオリンドクターの中澤宗幸さんが製作したもの。バイオリンの魂柱には陸前高田市の「奇跡の一本松」の木片が使われている。現在1000人の人がTsunamiヴァイオリンを弾く「Tsunamiヴァイオリンプロジェクト 千の音色でつなぐ絆」を展開中。

 今回の奉納は、TOKYOFM(東京都千代田区)との共同奉納で、9月28日22時から放送される番組「未来へと、続く森~伊勢神宮が見つめてきた日本」の収録も兼ねた。

 TOKYOFMは、20~40代のリスナーに伊勢神宮や式年遷宮について知ってもらおうと2011年9月29日に「かつて来た、森へ~松任谷由実と巡る伊勢神宮と日本」を放送し、共感を得た。「松任谷さんの番組がとても好評だったので、さらに伊勢神宮について、式年遷宮について若者層に知ってもらうために、20~30代に多くのファンを持つ倉木さんと共に番組を作った」と同社担当者。「Tsunamiヴァイオリン・中澤さんとの共演は、式年遷宮のテーマ『再生』によってつながり、偶然のような必然で結ばれた」と説明する。

 倉木さんは「来年デビューして15周年になる。そんな節目に、歌の奉納をさせていただけたことを心から感謝する。伊勢神宮からパワーをいただき、心引き締め、もっと多くの人の心に届くように歌っていきたい」と決意を新たにした。「いつものコンサート会場とは違い、音の響きが天に届いていくようだった。Tsunamiヴァイオリンの音色はとても素晴らしく、いろんな思いが込められて、前向きに気持ちを開放させてくれるような音色だった」と感想を漏らした。

 中澤さんは「倉木さんと共演させていただき、若い人たちにも東日本大震災復興への思いが伝わったと思う。20年の度に受け継いでいく式年遷宮。Tsunamiヴァイオリンが20年後どんな音を奏でて頑張ってくれるのかとても楽しみ。バイオリンは300年も生きるもの。式年遷宮のようにこのバイオリンを次世代へつないでいきたい」とコメントを残す。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?