見る・遊ぶ

「ミズノクラシック伊勢志摩」2日目は20歳の鈴木愛選手が爆発

「ミズノクラシック伊勢志摩」2日目は20歳の鈴木愛選手が爆発

「ミズノクラシック伊勢志摩」2日目は20歳の鈴木愛選手が爆発

  •  
  •  

 国内唯一の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)公式戦「ミズノクラシック伊勢志摩」の2日目が行われた11月8日は、20歳の鈴木愛選手が9バーディー1ボギーで8アンダーと爆発、トータル9アンダーでイルヒー・リー(韓)選手とローラ・デービース(英)選手と共に首位に立った。

2日目を4位タイと優勝圏内をキープする香妻琴乃選手

 近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード、パー72)(志摩市阿児町)で開催中の同大会。初日は強風に悩まされ多くの選手たちが苦戦する中、22歳の香妻琴乃選手が3アンダー4位タイで日本人トップに立った。香妻選手は2日目もスコアを伸ばし、9番ホールでチップインバーディーを決めるなど7バーディー2ボギーの5アンダー、トータル8アンダーで4位タイと優勝圏内をキープ。

[広告]

 一方爆発したのは、「日本女子プロゴルフ選手権大会・コニカミノルタ杯」(9月11日~9月14日)で同大会史上最年少20歳128日で初優勝した鈴木選手。月曜に伊勢神宮で必勝祈願をしたという鈴木選手は自己ベストの8アンダーをマーク。「日本でやっているのでアメリカツアーという感覚はない。落ち着いてプレーできている」と淡々と話す。

 優勝者には、賞金18万ドル(約2,034万円、仮レート1ドル=113円)やメルセデスベンツGLA 250 4MATIC Sportsのほか、地元志摩市から7.5~8ミリのアコヤ真珠104個を組んだパールネックレスに伊勢神宮のご神体といわれる「八咫鏡(やたのかがみ)」をモチーフにデザインしたペンダントが付くパールアクセサリー(120万円相当)などが贈られる。

 天候=晴れ、気温=18.9度、風向=北西、風速=1.4メートル、ギャラリー=4768人(昨年は4860人)。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?