鳥羽水族館で恒例の「水中入社式」、新入社員は最初の業務命令に命懸け

鳥羽水族館で恒例の「水中入社式」、新入社員は最初の業務命令に命懸け(60周年を記念した「60」の文字も)

鳥羽水族館で恒例の「水中入社式」、新入社員は最初の業務命令に命懸け(60周年を記念した「60」の文字も)

  • 0

  •  

 今年開館60周年を迎える鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽、TEL 0599-25-2555)で恒例の水中入社式が3月31日、エントランス正面にある「コーラルリーフダイビング水槽」の中で行われた。今回で8年連続9回目。

【その他の画像】鳥羽水族館恒例の水中入社式

[広告]

 ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)やアオウミガメの「ユウヒ」のほか約100種5000匹の魚たちが泳ぐ同水族館最大の水槽は、当時世界初の全面ガラスを採用し、熱帯の海に広がるサンゴ礁を再現して話題を集めた。

 水量約800トン、奥行き15メートル、幅16メートル、深さ5.5メートル、水温26度の同水槽の中が入社式会場。もちろん人は空気ボンベ無しで水中に留まることはできないから命懸け。

 今年の新入社員は計4人。そのうちの飼育研究部(女性1人)に配属される伊藤実穂さんと、営業第1部(女性2人男性1人)に配属される酒徳竜馬さんが代表で水中での入社式に挑んだ。初心者マーク付きの空気ボンベを背負っての新入社員最初の業務命令は、まさに命懸けの入社式となった。

 水中入社式では、仲野千里館長からの祝辞の後、辞令書が読み上げられ、水中の若井嘉人副館長から酒徳さんに手渡された。続いて飼育係の先輩からガラス磨き用のスポンジをプレゼントされると、初仕事となる水槽のガラス磨きを行った。

 伊藤さんは水中マイクを通して「60周年の(スー)記念すべき年に(スー)入社できることは(スー)大変光栄なこと。(スー)さまざまなことを勉強し(スー)、1日も早く(スー)一人前の(スー)スタッフとして(スー)生きものと(スー)お客様の(スー)架け橋となれるよう(スー)頑張ります(スー)」とあいさつした。※(スー)は水中で息を吸う音

 2人は水中入社式を終え水槽から上がると多くのメディアからインタビューを受けた。酒徳さんは「昨年はホールから客の一人として先輩の水中入社式を眺めていた。憧れの鳥羽水族館に入社できてうれしい」。伊藤さんは「最初は緊張したが、水槽の中からでもはっきり私たちに声援を送ってくれたり、手を振ってくれている様子がよくわかったのでとてもうれしかった。動物の魅力を伝えられる飼育員を目指したい。担当したい動物はジュゴン」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース