天気予報

10

2

みん経トピックス

夏樹陽子さん地元伊勢で講演伊勢「猿田彦神社」造営完了

「謎のウミウシ」志摩マリンランドで展示 ツイッターで話題に

「謎のウミウシ」志摩マリンランドで展示 ツイッターで話題に

「謎のウミウシ」志摩マリンランドで展示 ツイッターで話題に

写真を拡大 地図を拡大

 志摩マリンランド(志摩市阿児町神明、TEL 0599-43-1225)が11月26日、「謎のウミウシ」としてツイッターで話題になった体長約1センチの小さなウミウシの展示を始めた。

【その他の画像】「謎のウミウシ」志摩マリンランド

 同園飼育員の杉山弘樹さんによると、「謎のウミウシ」は学名「Cutona perca(クトナ・ペルカ)」、和名はない。分類は軟体動物門、腹足綱、裸鰓(らさい)目。国内では三重県津市、大阪府岸和田市などで発見されているが、もともとは外来種で分布域はよく分かっていないという。ブラジルやカリブ海から来た船の船底に付着し、世界各地に広がったと考えられている。

 「謎のウミウシ」は同園入社1年目の飼育員・安部瑞貴さんが、水槽に付着するイソギンチャクを駆除するため飼育していたムカデミノウミウシの水槽を掃除していた際に、偶然発見した。

 安部さんの先輩で、入社9年目の杉山さんは「安部さんからの連絡ではムカデミノウミウシに子どもができたというので確認したところ、違う種類のウミウシである可能性があると思い、図鑑を開いて調べたが特定することができなかった。ツイッターで情報提供を求めたところ、タレントの中川翔子さんらの目にも留まり多くの人のリツイートから一気に情報が拡散し、種の特定に至った」と説明する。

 杉山さんは「反響が大きくなったことから急きょ展示することが決まり、水槽を新しく設置した。展示期間も特に決まっていないがウミウシは短命なので、早めに見に来ていただければ」とも。

 開館時間は9時~17時。入館料は、大人=1,400円、中高生=900円、小学生=600円、幼児(3歳以上)=300円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

森伊蔵よりも高い芋焼酎「志州隼人」  →次の写真  関連記事
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング