見る・遊ぶ

伊勢志摩から、元旦に「富士山」と「初日の出」を同時に観測できるスポット

伊勢志摩から、元旦に「富士山」と「初日の出」を同時に観測できるスポット

伊勢志摩から、元旦に「富士山」と「初日の出」を同時に観測できるスポット

  •  

 伊勢志摩から、元旦に日本一の「富士山」と「初日の出」を同時に見ることができるスポットを紹介する。

 伊勢志摩から直線距離で200キロ以上ある富士山。伊勢志摩からではなかなか見ることができないが、水平線付近に雲のない冬の晴天の早朝によく観測することができる。水平線からの朝日は、海水温と気温の差が激しい冬場に「だるま」の形や元旦の「旦」の字に見える。

[広告]

 観測スポットは、伊勢神宮の鬼門を守る金剛證寺(こんごうしょうじ)が山頂に建つ標高555メートルの朝熊(あさま)岳の標高500メートル地点に立つ展望台。自動車の場合、伊勢-鳥羽を結ぶ観光有料道路「伊勢志摩スカイライン」を通って山頂まで。初日の出に間に合うように伊勢神宮内宮前から臨時バスが出る。先着500人に「朝熊山初日の出汁」の振る舞いサービスも。開門時間は12月31日7時~1月1日19時、1月2日~15日 6時~19時。

 鳥羽-志摩を結ぶ観光道路「パールロード」鳥羽展望台が立つ標高162メートルの箱田山(鳥羽市国崎町)からも富士山と初日の出が観測できる。1月1日限定で2時に開門する。パールロード沿い、石鏡(いじか)バス停近くの「潮騒の丘」からも絶景。

 旧暦の1月18日に「お船祭」が盛大に行われ「海の守り神」として漁師らの信仰をうける高野山真言宗・青峯山正福寺が立つ標高336メートルの青峯山(鳥羽市松尾町)の山頂にある駐車場の木と木の間からも富士山と朝日が見ることができる。

 鯨が観音様を背に乗せやってきたという伝説が残る「鯨崎」(鳥羽市相差町)、伊勢神宮に納める熨斗鮑(のしあわび)を作る「神宮御料鰒調製所」近く、倭姫命が巡幸した跡だとされる碑が立つ「鎧崎(よろいざき)」(鳥羽市国崎町)からも美しい。

 「安乗(あのり)崎灯台公園」(志摩市阿児町安乗)では、朝日と富士山と灯台が一度に撮影できる。初サーフィンを楽しむサーファーで賑わう国府海岸(志摩市阿児町国府)と市後浜(同志島)からも富士山と朝日が美しい。真珠イカダ浮かぶリアス式海岸の英虞湾を一望できる標高203メートルの「横山展望台」(志摩市阿児町鵜方)からは、志摩スペイン村のジェットコースターの上に富士山が浮かぶ。

 弘法大師が自らの爪で彫ったとされる不動明王を祭る御座爪切不動尊がふもとに立つ標高111.8メートルの金比羅山(志摩市志摩町御座)からは英虞湾の上に富士山が見える。朝日は太平洋から出る。

 2018年1月1日の日の出時刻は、朝熊岳展望台からは6時55分ごろ、志摩市の海岸付近からは6時59分ごろ。気象庁発表の三重県南部地域の天気予報(12月31日17時発表)では、晴れ。