見る・遊ぶ

「いせ経」2018年上半期PVランキング1位は「伊勢に15センチの積雪」

「いせ経」2018年上半期PVランキング1位は「伊勢に15センチの積雪」

「いせ経」2018年上半期PVランキング1位は「伊勢に15センチの積雪」

  •  

 伊勢志摩経済新聞「いせ経」の2018年上半期PV(ページビュー)ランキング1位は、「伊勢に15センチの積雪 伊勢神宮の神田は雪国」の記事だった。

【その他の画像】伊勢に15センチの積雪 伊勢神宮の神田は雪国

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに伊勢志摩経済新聞が配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位は以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 伊勢に15センチの積雪 伊勢神宮の神田は雪国、ソテツやヤシにも綿帽子(1/23)

2. 「4色の赤福餅」7月15日から販売へ 菓子博限定の「白い赤福」話題で(6/29)

3. 伊勢に「のりもの博物館」 ヒルマンやミゼットなど往年の国産車を展示(5/1)

4. ホタル舞う伊勢神宮で「月次祭」 黒田清子神宮祭主、五穀豊穣祈る(6/18)

5. 伊勢神宮宇治橋大鳥居正面から「赤い満月」 皆既月食(1/31)

6. 伊勢志摩で古代文献「ホツマツタヱ」記す「縄文カレンダー」使い勉強会(2/13)

7. 天照大御神祭る伊勢神宮「伊雑宮」のお田植祭最中に虹色の光(6/25)

8. 伊勢神宮、昨年の参拝者数歴代4位 月に照らされ初もうで(1/1)

9. 伊勢で陸上自衛隊航空学校ヘリコプター12機による年頭編隊飛行 (1/10)

10. 伊勢神宮で五穀豊穣を祈る「祈年祭」 黒田清子神宮祭主がご奉仕(2/17)

 温暖な伊勢志摩地方での積雪は1年に1度あるかないかのニュース。1月22日、本州南岸を通過した低気圧の影響で三重県内でも伊勢地方にだけ大雪が降り、多いところでは15センチ以上の積雪を観測。当日は雪化粧の伊勢神宮内宮(ないくう)、外宮(げくう)を撮影してツイッターやフェイスブックにアップする人も多くいた。いせ経編集部はかやぶき屋根の建物が残る伊勢神宮の専用水田「神宮神田」(伊勢市楠部町)からの真夜中の雪景色を写した。

 2位には赤福(伊勢市宇治中之切町)が「4色の赤福餅」を7月15日から販売するというニュース。昨年伊勢で開催された「第27回全国菓子大博覧会・三重」(4月21日~5月14日)で博覧会期間限定販売した「白い赤福餅」と「黒い赤福餅」に長蛇の列ができ話題になったことを受けて、商品化。再び話題になりそうだ。

 3位には三輪自動車のコレクターとしても知られる伊勢市の北井誠也さんが集めたオールドカーを並べたまちかど博物館オープンのニュース。全国のオールドカーマニアから話題を集めた。

 4位、10位は伊勢神宮に関連するニュース。天皇陛下の長女・黒田清子さんが伊勢神宮祭主を務めていることから、天皇陛下の譲位のニュースと共に関心が集まった。8位は伊勢神宮への参拝客数が20年に一度の式年遷宮後も800万人以上と維持されている。

 5位と7位には自然が織りなす天体ショーと伊勢神宮・神話がつながった。宇治橋前の大鳥居前からの皆既月食は、空を覆っていた雲が月食のタイミングで無くなり晴れ渡り、茶褐色の月が大鳥居の真上にポツンと浮かんでいたのが今でも印象的だった。

 9位には毎年恒例の陸上自衛隊航空学校・明野駐屯地(伊勢市小俣町)のヘリコプター12機による年頭編隊飛行訓練のニュース。注目は、古事記よりも古いとされている古代文献「ホツマツタヱ」の勉強会に関するニュースが5位に入ったこと。「ホツマツタヱ」に関する書籍の増加も関心が深まっている要因の一つだろう。