食べる 見る・遊ぶ

「4色の赤福餅」7月15日から販売へ 菓子博限定販売の「白い赤福」話題受け商品化

「4色の赤福餅」7月15日から販売へ 菓子博限定販売の「白い赤福」話題受け商品化(写真提供=赤福)

「4色の赤福餅」7月15日から販売へ 菓子博限定販売の「白い赤福」話題受け商品化(写真提供=赤福)

  •  

 創業311年を迎える和菓子店「赤福」(伊勢市宇治中之切町)が7月15日、4種類の赤福を詰め合わせた商品「いすず 野あそび餅」の販売を始める。

【その他の画像】「4色の赤福」詰め合わせ

 通常の赤色(茶色)の赤福餅に、黒色の黒砂糖風味の黒あん、緑色の大麦の若葉で作った緑あん、白色の白小豆(しろしょうず)と手亡豆(てぼうまめ)を合わせた白あんの計4種類を2個ずつ、計8個を木箱に入れた同商品。

[広告]

 通常の赤福餅は小豆(あずき)を煮て作ったこしあんで白い餅を包み、五十鈴川の川の流れを指で表現し模様を付けたもので今回同梱(どうこん)する4種類の形状は通常の赤福餅とほぼ同じ。

 「黒色」と「白色」は、昨年開催された「第27回全国菓子大博覧会・三重(通称=お伊勢さん菓子博2017)」(4月21日~5月14日)で期間限定販売した「白い赤福餅」と明治時代に作られていた黒糖味の赤福餅「復刻版 赤福餅」を基にした。「白色」は、100%白小豆だけを使っていたが、インゲンの「手亡豆」を加えて味を整えた。「緑色」は大麦の若葉をペーストしたものをあんとブレンドして仕上げた。

 同社広報担当者は「当商品は、お伊勢さん菓子博で『白い赤福餅』と『復刻版』の人気に、閉幕後、多くの人から『どこで食べられるのか?』『また食べたい』など多数の意見、要望を受けて商品化した」と説明する。

 「ただし、赤福作りは全て手作業のため、一度に多く製造することは無理。7月上旬にどのように販売するかを整理し再度案内する予定」とも。

 販売場所は、「五十鈴川野遊びどころ内 赤福 五十鈴川店(赤太郎ショップ前の臨時売店)」(伊勢市宇治浦田)のみ。価格は760円。消費期限は製造日から2日間。