見る・遊ぶ 学ぶ・知る

志摩で400年以上続く人形浄瑠璃「安乗文楽」上演 東海中「郷土芸能クラブ」も

志摩で400年以上続く人形浄瑠璃「安乗文楽」上演 東海中学校「郷土芸能クラブ」

志摩で400年以上続く人形浄瑠璃「安乗文楽」上演 東海中学校「郷土芸能クラブ」

  •  

 安乗神社(志摩市阿児町安乗)の秋の例大祭に合わせて奉納される人形浄瑠璃「安乗文楽(あのりぶんらく)」が9月15日・16日、同神社境内にある人形芝居舞台で上演された。

【その他の画像】安乗文楽上演

 安乗文楽は、織田信長や豊臣秀吉に仕えた水軍武将・九鬼嘉隆が1592(文禄元)年の文禄の役出兵の際、鳥羽城を出て安乗沖にさしかかった時に逆風が吹き、ニワの浜(同)へ上陸避難し、八幡宮に参拝。海上安全と戦の勝利を祈願すると朝鮮での合戦に勝利した。同じ年の8月15日にお礼参りに再び来村、村人が「人形芝居を毎年行えるように」と願い出たことから人形芝居が始まったとされる。

[広告]

 同地は風待ち港として栄え、大阪、阿波、淡路などの影響を受け人形芝居の技術が伝わり上演されるようになった。江戸時代から明治の初めころまで最盛期を迎えたが、明治20年代ごろから帆船から機関船に変わり寄港する船が激減。1925(大正14)年の上演を最後に1949(昭和24)年まで中絶していたが、大阪文楽座の吉田文五郎一座が来村し神社の舞台で人形芝居を上演・奉納したことから復活の機運が盛り上がり、1950(昭和25)年に再上演し後援会ができ、翌1951(昭和26)年に「安乗人形芝居保存会」ができた。

 1978(昭和53)年に後継者育成を目的に安乗中学校に「文楽クラブ」が結成された。1952(昭和27)年、三重県指定の無形文化財、1980(昭和55)年国の重要無形民俗文化財の指定を受け、2008年に「人形浄瑠璃文楽」がユネスコの「無形文化遺産」に指定された。中学校の統合により「文楽クラブ」の活動が危ぶまれたが、2018年に東海中学校「郷土芸能クラブ」が再結成され中学1~3年生19人が活動する。

 境内に設置された観客席は2日間満席、初日は東海中学校同クラブが「鎌倉三代記~三浦之助母別れの段」、同保存会が「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)~巡礼歌の段~十郎兵衛住家の段」「絵本太功記(えほんたいこうき)~尼ヶ崎の段」を、最終日は同保存会による「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら~渡し場の段~」「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)~酒屋の段~」「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)~大井川の段~」がそれぞれ披露された。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?