暮らす・働く 学ぶ・知る

伊勢神宮で一年の五穀豊穣祈る「祈年祭」 黒田清子神宮祭主がご奉仕

伊勢神宮で一年の五穀豊穣祈る「祈年祭」 黒田清子神宮祭主がご奉仕

伊勢神宮で一年の五穀豊穣祈る「祈年祭」 黒田清子神宮祭主がご奉仕

  •  

 今年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈る祭典「祈年祭」が2月17日、伊勢神宮外宮(げくう)と内宮(ないくう)で執り行われた。23日まで伊勢神宮125社で行われる。

【その他の画像】黒田清子神宮祭主

 「としごいのまつり」とも呼ぶ同祭は、10月の神嘗祭(かんなめさい)、6月・12月の月次祭(つきなみさい)の3つの祭典「三節祭」にこの2月の「祈年祭」と「勤労感謝の日」に当たる11月の新嘗祭(にいなめさい)を加え「五大祭」という。農作物が豊作になるように、人々が飢えることなく平和で過ごせるようにと祈る。

[広告]

 この日、神饌(しんせん)を奉納し五穀豊穣を祈願する「大御饌(みけ)の儀」、勅使が参向し「幣帛(へいはく)」と呼ぶ皇室より送られた五色の絹などを奉納する「奉幣(ほうへい)の儀」が両宮で執り行われた。

 内宮「大御饌の儀」では、正宮(しょうぐう)石段下にある御贄調舎(みにえちょうしゃ)で神饌のアワビを神職が調理(包丁で切り、塩を振り味付け)する。勅使が参向する「奉幣の儀」では勅使の後を、緋(ひ)色の浅沓(あさぐつ)、白衣・緋袴(ひばかま)・小袿(こうちぎ)の平安の装束をまとった黒田清子神宮祭主が続き、小松揮世久(きよひさ)大宮司、神職らが内宮の参道を参進し正宮で祭典を執り行った。

 祈年祭が執り行われると、神宮で使用する米の種もみをまく「神田下種祭(しんでんげしゅさい)」が神宮神田(伊勢市楠部町)で4月4日に行われる。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?