見る・遊ぶ 暮らす・働く

東海地方で梅雨明け 伊勢・おかげ横丁の「てるてる坊主に金の鈴」

東海地方で梅雨明け 伊勢・おかげ横丁の「てるてる坊主に金の鈴」

東海地方で梅雨明け 伊勢・おかげ横丁の「てるてる坊主に金の鈴」

  •  
  •  

 名古屋地方気象台は7月28日、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。東海地方の梅雨明けは平年よりも7日ほど遅く、昨年よりも19日ほど遅くなった。

【その他の画像】てるてる坊主に金の鈴

 伊勢神宮内宮(ないくう)前の「おかげ横丁」(伊勢市宇治中之切町)では、神宮五十鈴川幼稚園(同)の園児が作った24体のてるてる坊主に金の鈴を付けた。

[広告]

 金の鈴は、童謡「てるてる坊主」(作詞=浅原鏡村、作曲=中山晋平)の歌詞に「てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ」とあることから、おかげ横丁では7、8年前から梅雨明けと同時に金の鈴をてるてる坊主の首に結んでいる。

 おかげ横丁では8月3日~18日まで、伊勢根付、伊勢一刀彫、伊勢和紙、伊勢春慶、伊勢玩具などが一堂に集まる「伊勢の匠展」を開催する。

  • はてなブックマークに追加