3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

伊勢の飲食店、障がい者が働くのに最適なビュッフェスタイル中止 新型コロナで 

伊勢の飲食店、障がい者が働くのに最適なビュッフェスタイル中止 新型コロナで(サービスをするヒロくん、写真提供=クロフネファーム) 

伊勢の飲食店、障がい者が働くのに最適なビュッフェスタイル中止 新型コロナで(サービスをするヒロくん、写真提供=クロフネファーム) 

  •  
  •  

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ビュッフェレストラン「クロフネファーム」(伊勢市小木町、TEL 0120-81-9620)が3月6日から、ビュッフェスタイルを中止し、暫定的にセットメニューの提供に切り替えた。

【その他の画像】クロフネファームがビュッフェ中止しセットメニューに

 同店は、「身体に、地域に、環境に『やさしい』」をモットーに、可能な限り地元野菜を使った料理を提供するとともに、障がいを持つ人たちが雇用契約を結んで就労訓練を受ける就労継続支援A型施設事業所として2016(平成28)年12月にオープンした。毎日70~80種類の料理をビュッフェスタイルで提供する。

[広告]

 元々ビュッフェスタイルのレストランにした理由は、「野菜中心の料理をたくさん提供することで食への関心、健康への意識を高めてもらうため」と、「人とのコミュニケーションが苦手だったり、身体に何らかの不自由があり作業の制限が生じる人たちが可能な限り継続して働けるように、働き易い環境づくりのため」とする。

 同店社長の案浦豊土(あんのうらとよと)さんは「現在24人の障がいを持つ人たちが働いている。それぞれが自分のできることを見つけ、特性を生かしながらお互いに協力し合い、料理を提供している。障がい者スタッフがレストラン運営をするにはビュッフェスタイルが最適」と話す。

 しかしながら、国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、新型コロナウイルス感染拡大を抑制する対策として、ビュッフェスタイルでの料理の提供が感染拡大につながる可能性があると見解を示したことから、暫定的にビュッフェスタイルを中止した。

 そこでランチメニューとして、「チキンの野菜ロールカツレツ」「チキンの柚子みそ焼き」「クロフネファームオリジナルジューシーから揚げ」の中から1品と9種の前菜プレート、ライス、スープが付く「免疫力アップランチセット」(990円)、クロフネカレーとサラダのセット「クロフネカレーランチセット」(660円)、追加オプション(半熟卵、野菜フリット、チキンロール)、3種類のスイーツが盛られた「デザートセット」(330円)を用意した。

 通常のビュッフェスタイルは、大人=1,650円、シニア(65歳以上)=1,400円、小学生=900円、幼児=500円、3歳以下=無料。土曜・日曜・祝日は90分時間制限。  

 高知県安芸郡出身で背骨が曲がる側わん症と診断され、8歳まで生きる可能性は0%と宣告された竹村浩則(ひろのり)さん、ニックネーム=ヒロくんは、高知から伊勢市に移住し、同店のオープン時から活躍する。現在25歳。

 ヒロくんは「今回のことで仕事の内容がガラッと変わってしまい、大変なことも多いが、こんな状況でもお客様が来ていただけることはとても有り難い。ビュッフェスタイルの時よりもお客様と会話できるチャンスが増えるので しっかりとコミュニケーションを取っていきたい。終息後もクロフネファームに足を運んでいただけるように、一生懸命おもてなしをさせていただきます」と意欲を見せる。

 案浦さんは「僕たちが飲食店としてできることは、栄養あるものをバランスよく取って、免疫力を高めるお手伝い。野菜をたっぷり取れるメニューをこれからも増やしていく予定。ビュッフェの感覚が抜けないからか、ついつい多めに盛りつけしまう…。日替わり弁当(500円)など、予算に合わせて作らせていただく。少量であれば当日店頭まで来ていただければ。たくさんご注文いただける場合は事前予約していただければ」とも。

 営業時間は11時~15時

Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?