食べる 買う

伊勢・おはらい町に来春「スターバックス コーヒー」 屋根に人魚モチーフの鬼瓦も

伊勢・おはらい町に来春「スターバックス コーヒー伊勢内宮前店」 屋根に人魚モチーフの鬼瓦も(写真提供=スターバックス コーヒー ジャパン)

伊勢・おはらい町に来春「スターバックス コーヒー伊勢内宮前店」 屋根に人魚モチーフの鬼瓦も(写真提供=スターバックス コーヒー ジャパン)

  • 510

  •  

 「スターバックス コーヒー ジャパン」(東京都品川区)が11月19日、伊勢神宮の門前町として栄えたおはらい町に「スターバックス コーヒー伊勢内宮(ないくう)前店」を2021年春オープンすると発表した。

【その他の画像】多気町丹生大師さんの近くに開業した東京の老舗コーヒー店「金川珈琲」

 同社は、1996(平成8)年に東京・銀座に日本第1号店「銀座松屋通り店」(東京都中央区)をオープンし、現在、全世界約80カ国で3万2000店舗以上、日本全国47都道府県に1600店舗(2020年9月末時点、ライセンス店舗含む)のコーヒーストアを展開。三重県19店舗目、伊勢市内では2011年3月24日にオープンした「イオンタウン伊勢ララパーク店」(伊勢市小木町)に次ぐ2店舗目。 

[広告]

 現在建設中の店舗は、おはらい町通りに面した場所に立地し、切妻造りの新築木造2階建ての建物で1階には販売ブースとバーカウンター3席を設置し、2階に客席68席を設ける。店舗面積は約60坪。

 同社広報担当者は「江戸時代の町並みを再現するようにまちの歴史や伝統を受け継いできた地域に敬意を込め、店舗は地域の景観に寄り添うたたずまいでスターバックスのエッセンスを加えたのれんや鬼瓦を取り入れる。1階はおはらい町のにぎわいを取り込むようバーカウンターを配置し活気ある空間にするほか、2階は階段を上がると喧騒の片隅となるような3つの空間を作り、客席をレイアウトする」と話す。

 同担当者は「屋根には当社のトレードマークの人魚をかたどったオリジナル鬼瓦を取り付け、建材の一部には三重県産木材を使う。伊勢参りに来られる方や地域住民を迎え入れられる場所となり、人と人、人と地域など、たくさんのつながりが生まれるコミュニティーの場となるよう、コーヒーを通じて心温まるひと時を提供していきたい」とも。

 営業時間は8時~17時。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?