見る・遊ぶ

伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」 海でのみそぎ、雨にも打たれ爽やかに

伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」 海でのみそぎ、雨にも打たれ爽やかに

伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」 海でのみそぎ、雨にも打たれ爽やかに

  • 139

  •  

 伊勢・二見興玉神社(伊勢市二見町)で夏至の6月21日、夫婦岩(めおといわ)前の海に入ってみそぎを行う「夏至祭」が行われた。

【その他の画像】二見興玉神社の夏至祭の様子

[広告]

 夏至の日の出時刻は4時40分。同神社の富士見橋真ん中より本殿寄りに立つと、夫婦岩の男岩と女岩を結ぶ大しめ縄の間から、直線距離で200キロ以上離れる富士山を望むことができ、さらに富士山の左肩から頂上付近をかすめるようにして朝日が昇る様子を見ることができるが、この日はあいにくの雨だった。

 明日満月を迎えるため、みそぎの時間は大潮の満潮。約200人の参加者は、男性はふんどし姿、女性は白装束姿、頭に日の丸のはちまきを巻いて臨み、首まで海水に浸かり手を合わせた。

 兵庫県在住の男性は「今回初めて参加した。雨で朝日を拝むことはできなかったが、みそぎを終えた今はとても清々しく爽やかな気持ち。参加する前は雨で残念だとネガティブな気持ちだったが、全てを受け入れて参加したらとても素晴らしい体験だと気が付いた。何かいいことが起こりそうな気がする」、愛知県在住の男性は「海の中は温かく、待っている間がとても寒かった。みんなで参加した一体感は日本人としての原点に戻れたような気がした。来年も機会があれば参加したい」と、それぞれ話していた。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース