3密を避けて新しい生活様式へ!

かつての不良学生が45歳で高校入学-漁師と飲食店店主も兼務

4月から三重県立水産高校海洋科に入学する、現役漁師と宿泊も可能な飲食店「漁師宿もやい」オーナー石神昭年さん。

4月から三重県立水産高校海洋科に入学する、現役漁師と宿泊も可能な飲食店「漁師宿もやい」オーナー石神昭年さん。

  • 0

  •  

 「『お父さん、(三重県立)水産高校に行くから』高校合格を受けて、11歳になる娘に報告すると、ポカンと最初は何を言っているのか理解できない様子だった」と、現役漁師と民宿オーナーを兼務する志摩市阿児町甲賀の石神昭年さんは話す。かつての「不良」少年が、30年の年月を経て4月8日、三重県立水産高校(志摩市志摩町和具)海洋科に入学する。

 石神さんは、当時通っていた高校を2年で退学になり、その後さまざまな仕事をしながら23歳の時、漁師の兄の船に同乗し「兄弟船」の漁師として働き始める。30歳の時、遠洋マグロ船の乗船経験も持ち、現在は「正洋丸」の船頭として毎朝3時30分に出漁。漁から帰ると「漁師宿もやい」(同市阿児町甲賀、TEL 0599-45-5544)で調理人として包丁を持つ日々を送る。

[広告]

 「漁師(漁業者)を育成しなければ日本の水産業はだめになる。そうしないためにも1から水産高校で勉強してこれまでの漁師経験、社会経験を生かして、将来的には『漁師になるための予備校』を作りたい」(石神さん)。「高校生になっても毎朝の漁は続ける予定。それから、高校生になるので酒とタバコもやめた(笑)。まずは卒業することが目標だが、高校生の間にもいろいろなことにチャレンジしたい」とも。

 45歳の石神さんは、41歳で学生服を着て話題になったプロレスラー(元参議院議員)の大仁田厚さんよりも4歳上での入学となる。

和具漁港に宮崎県のカツオ船初入港(伊勢志摩経済新聞)「今日はめでタイ」漁師バンドがデビューコンサート(伊勢志摩経済新聞)「漁ログ」漁師が現場から「カキコ」(盛岡経済新聞)水産系バンド「漁港」、アルバム発売記念ライブ(アキバ経済新聞)民宿「漁師宿もやい」

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?