天気予報

12

3

みん経トピックス

高速道路の影響受けるそば店米で活躍、日本人ダンサー

自転車ロードレース「ツール・ド・三重」開幕-初戦は合歓の郷内のコースで

  • 0
自転車ロードレース「ツール・ド・三重」開幕-初戦は合歓の郷内のコースで

自転車ロードレース「ツール・ド・三重」開幕、初戦は合歓の郷内のコースで

写真を拡大 地図を拡大

 自転車ロードレース「ツール・ド・三重(TOUR DE MIE)」の第1戦が1月16日、「合歓の郷(ねむのさと)」(志摩市浜島町)で開催され、大阪や滋賀、静岡などから約100人がレースに参加した。

第1戦「ツール・ド・三重」自然豊かな合歓の郷コース

 年間に6回開く同レースでは、優勝者20ポイント、2位15ポイント、3位10ポイントなど、レースごとにポイントを付与し、その年間のポイント獲得数で総合チャンピオンを決定する。「三重県をサイクリング王国にしよう」と地域振興、サイクルスポーツの普及促進を目指し、「三重を元気にしよう会」(志摩市阿児町国府)や「サイクリングクラブ三重」(志摩町和具)などで組織する同実行委員会が主催する。

 ファーストステージとなった合歓の郷コースは、街中などに設定した周回コースを走る「クリテリウム」と呼ばれるレースで、1周を1.45キロに設定し、「ビギーナー」クラスは6周、「スポーツ」クラスは12周、「エリート」クラスは26周を走り切りゴールする。急な坂道やU字カーブ、上り坂などがあり、起伏に富んだコースとなった。

 この日は日本列島が大寒波に包まれ各地で大雪が記録された日になったが、温暖な伊勢志摩地域は、時より小雪が舞ったものの快晴の天気で絶好のスポーツイベント日和となった。実行委員会会長の山崎豊成さんは「今日は各地で大雪なのに、ここ(合歓の郷)は素晴らしい天気。四季を通してサイクリングが楽しめる三重をアピールしたい」と話す。

 実行委員長の大山毅さんは「1回目を無事故で、しかも晴天の中で開催できたことが何よりうれしい。概ね参加者の感想は好評だった。『坂道が多い』『スピードが出せる長い直線が欲しい』などのご意見をいただいたので、コースや運営面など見直し、さらに満足していただけるレースにしていきたい。最終的には世界的に有名な自転車レース『ツール・ド・フランス』を目指したい」と意欲をみせる。

 第2ステージの開催は3月27日を予定。コースは山を駆け上がる「ヒルクライム」で、奥伊勢フォレストピア(多気郡大台町薗)をスタートし北総門山(標高704メートル)山頂を目指す全長7.6キロのコース。「平均勾配率10%、しかも後半の約4キロの平均勾配は15%という過酷なコース。ぜひともチャレンジし、記念すべき第1回のコースレコードを作ってほしい」(大山さん)とも。

 試合結果は以下の通り。

 個人エンデューロの部=1位小川修(松阪市)、2位下村英典(明和町)、3位松山典樹(和歌山県)。チームエンデューロの部=1位SAKAI&MAXチーム食いしん坊(三重)、2位伊勢Jiyujin(同)、3位高く、遠くまで走ってやるさ(愛知)。ビギナークラス=1位早坂正樹(兵庫)、2位島井俊治(奈良)、3位瀧山純平(滋賀)。スポーツクラス=1位垣本直人(愛知)、2位橋本武(伊勢市)、3位下村英典(明和町)。エリートクラス=1位山本雅之(奈良)、2位小原賢介(津市)、3位森正(伊勢市)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

和具漁港源吉丸の出航、和具漁港  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング