重文「木造十一面観音立像」開帳-多気のチベット近長谷寺

重文「木造十一面観音立像」開帳-多気のチベット近長谷寺

重文「木造十一面観音立像」開帳-多気のチベット近長谷寺

  • 0

  •  

 「多気のチベット」と呼ばれる多気町長谷にある「近長谷寺(きんちょうこくじ)」で2月18日、家内安全や無病息災などを祈願する「春季厄よけ大会式」が行われた。

暗がりの中に黄金色に輝く「木造十一面観音立像」

[広告]

 「多気のチベット」は、多気郡多気町の長谷と神坂という山間の狭い地域に「普賢寺(ふげんじ)」「金剛座寺(こんごうざじ)」と同寺の千年以上の歴史を持つ三寺院が立つ珍しい地域であるため、地元の人たちが親しみを込めてそう呼んでいる。昨年は大雪が降る中で同祭典が行われた。

 真言宗山階派の同寺は、平安後期885年創建と伝わる。本尊は国の重要文化財の指定を受ける像高6.6メートルの「木造十一面観音立像」。この日境内では、日本修験道会による柴燈(さいとう)護摩や火渡り護摩、厄払いの餅投げなどが行われた。

 暗がりの本堂では、開帳された「木造十一面観音立像」がろうそくの明かりで黄金色に輝いていた。

 「木造十一面観音立像」は毎月18日と日曜・祭日限定で、希望者にだけ開帳している。拝観は10時ごろ~15時ごろ。拝観料は200円。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース