3密を避けて新しい生活様式へ!

伊勢神宮を創建したヤマトヒメを歌った曲「倭姫命」-天地人がCDリリース

伊勢神宮を創建したヤマトヒメを歌った曲「倭姫命」-天地人がCDリリース

伊勢神宮を創建したヤマトヒメを歌った曲「倭姫命」-天地人がCDリリース

  • 0

  •  

 岩手出身の津軽三味線奏者・黒澤博幸さんと秋田出身の元オフコースドラマー・大間ジローさんによるユニット「天地人(てんちじん)」と伊勢出身のソプラノ歌手・廣めぐみさんが10月6日、伊勢神宮を創建したヤマトヒメを歌った曲「奉賛曲 倭姫命(やまとひめのみこと)」を収録したマキシシングルをリリースした。

天地人と廣めぐみさんによる「倭姫命」披露コンサート

 ヤマトヒメは、第11代垂仁天皇の皇女で、ヤマトタケル・倭建命・日本武尊(やまとたけるのみこと)の叔母にあたり、ヤマトタケルに三種の神器の一つ草薙剣(くさなぎのつるぎ)を与えたとされる。2000年前、天照大神(あまてらすおおみかみ)の鎮座地を求めて各地を転々と巡り、紀元前4年に伊勢にたどり着き、神宮を創建。その後、神嘗祭(かんなめさい)をはじめとする年中の祭りを定め、コメ作りを伝えたとされる。ヤマトヒメを祭る倭姫宮(伊勢市楠部町)は、1923年(大正12)11月5日に創建。昨年鎮座90周年を迎えた。

[広告]

 同曲は、倭姫宮の例大祭で披露し多くの人のリクエストからCD化を決定。黒澤さんが作詞・作曲を手掛け、廣さんが歌う同曲と光華彩(ひかりうるわし)バージョン、伴奏バージョンの計3曲を収録。CDカバーの題字は、NHK大河ドラマ「平清盛」の題字も手掛けた書家の金澤翔子さんによる。

 黒澤さんは「これまで伊勢でしか演奏したことがなかったが、東日本大震災発生約1カ月後の4月22日に1200人以上が亡くなった岩手県上閉伊郡大槌町の小鎚(こづち)神社で開いた慰問コンサートで初めて『倭姫命』を演奏した。雨が降っていた会場の空がポッカリと丸く開き、雨がやみ光が差した。ああ、倭姫さまはちゃんとわれわれのことを見守ってくださっているのだと感じた。後で小槌神社の主祭神を聞くと倭姫さまが叔母に当たるヤマトタケルだと知り不思議なご縁を感じた」とエピソードを話す。同神社の松橋知之宮司もその時の様子を同じように語る。

 「この曲は倭姫さまが歩んだ使命を尊び、ご神徳に感謝し、その偉業を広く多くの人に知ってもらいたいと思い当時を想像しながら、実際に巡幸地を歩いて作った。伊勢神宮を語る上で、倭姫さまの存在を忘れては語れない。式年遷宮の年に倭姫さまの功績を発表できることは、東北の方々にとっても復興への新たな勇気を抱く機会になる」と思いを込める。

 価格は1,050円。「割烹 大喜」(伊勢市岩渕)、Amazonなどで購入できる。問い合わせは、音楽事務所ジャパン・ユニオン(東京都渋谷区、TEL 03-3476-4422)まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?