天気予報

26

15

みん経トピックス

伊勢神宮宇治橋前大鳥居に鳥首相、サミット成功お礼参り

真珠いかだ浮かぶ英虞湾の海上から「初日の出」エスパーニャクルーズ

真珠いかだ浮かぶ英虞湾の海上から「初日の出」エスパーニャクルーズ

真珠いかだ浮かぶ英虞湾の海上から「初日の出」エスパーニャクルーズ

写真を拡大 地図を拡大

 志摩マリンレジャー(鳥羽市鳥羽、TEL 0599-25-3147)が毎年行う特別企画「初日の出クルーズ」が1月1日、鳥羽と賢島で運行された。

【その他の画像】英虞湾の海上から初日の出

 真珠いかだ浮かぶ英虞湾を遊覧する「エスペランサ号」は、総トン数約166トン、旅客定員250人、航海速力約11ノット、605馬力、全長27.4メートル、全幅7メートル。

 6時30分出港すると薄明かりの海上を約20分走行し英虞湾口近くの海上で待機。先志摩半島の上空が明るくなリ始めると7時ごろ、最も明るく光るところから、今年最初のまばゆい光が人々を照らした。エスペランサ号のデッキの上には、初日の出を拝む人、撮影する人、歓喜する人で賑わい互いに新年を祝いあった。

 岩手県盛岡市から来たという家族連れは「盛岡の山は雪景色で海も遠いので今回暖かい賢島に宿泊して、初日の出クルーズを楽しみにやってきた。とてもきれいで来てよかった」と話す。

 英虞湾を遊覧する「賢島エスパーニャクルーズ」(大人=1,600円、小人=800円)は毎日運行。昨年5月に「伊勢志摩サミット」が開催されてから、人気を集めている。日によっては午前出港のクルーズが満席で次の便まで待たなければいけないほどだという。

 現在、同社は星空が美しい冬限定で、星空案内人(星のソムリエ)の宮本秀明さんの解説による船上から星を観賞する「星空ナイトクルーズ」(大人=2,000円、小人=1,000円)を開催中。運航日は、1月7日、14日、21日、28日、2月4日、11日、3月11日、18日、25日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ヤマトタケルを助けた「火打石」を探すツアー  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング