天気予報

27

21

みん経トピックス

三重県立美術館でハープ演奏「白い赤福餅」目隠し味比べ

中国四川省・児童4000人のマンモス校と伊勢・修道小の児童が交流

中国四川省・児童4000人のマンモス校と伊勢・修道小の児童が交流

中国四川省・児童4000人のマンモス校と伊勢・修道小の児童が交流

写真を拡大 地図を拡大

 中国四川省にある全児童数約4000人、教職員約300人のマンモス校「延秀小学校」の児童35人が5月9日、全児童数344人の「修道小学校」(伊勢市久世戸町)の児童たちと交流会を開いた。

【その他の画像】中国四川省「延秀小学校」と伊勢「修道小学校」の児童が交流会

 一行は5月3日に日本を訪れ、三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市)や浅草寺(台東区)、東京臨海広域防災公園(江東区)、富士山、四日市公害と環境未来館(四日市市)、鳥羽水族館(鳥羽市)、お伊勢さん菓子博(伊勢市朝熊町)、皇学館大学(神田久志本町)などを訪問。10日に帰国する予定。

 この日、延秀小の児童たちは歌や中国武術、チベット舞踊などを披露し、それに応えて修道小の児童たちが翔龍太鼓を披露するなど交流を図った。その後、体育の授業では日中混交チームを編成しソフトバレーボールの試合を行った。

 延秀小の任伶久校長は「日本から学ぶことはたくさんある。特に環境問題への意識が高い。小学5年の児童たちが日本で学んだことを持ち帰って、より良い国づくりに貢献する人材になってもらいたい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大風と大雨の夏至祭、二見興玉神社  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング