天気予報

27

21

みん経トピックス

大雨でも神宮神田で田植え伊勢で火打ち石探求ツアー

伊勢神宮で適度な風と雨を祈る風の祭典「風日祈祭」 飛鳥時代より古い「神御衣祭」

伊勢神宮で適度な風と雨を祈る風の祭典「風日祈祭」 飛鳥時代より古い「神御衣祭」

伊勢神宮で適度な風と雨を祈る風の祭典「風日祈祭」 飛鳥時代より古い「神御衣祭」

写真を拡大 地図を拡大

 神風を起こし日本を救ったとされる風の神様、伊勢神宮内宮(ないくう)の「風日祈宮(かざひのみのみや)」と外宮(げくう)の「風宮(かぜのみや)」を中心とする伊勢神宮全125社で5月14日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する「風日祈祭(かぜひのみさい)」が執り行われた。

【その他の画像】伊勢神宮で「風日祈祭」「神御衣祭」

 「適度な風が吹き、適度な雨が降るように、雨風の災害なく農作物が順調に成長するように」と祈願する同祭は、雨風を凌(しの)ぐ「蓑(みの)」と「笠(かさ)」を神様に奉納する。毎年5月14日と8月4日に同祭を斎行している。

 風の神として知られる同宮の祭神は、イザナギとイザナミの間に生まれた級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)。鎌倉時代、蒙古襲来・元寇(1274年文永の役、1281年弘安の役)の時に2度の神風を吹かせ国難を救ったとされる。その功績から1293(正応6)年に末社格の「神社」から「別宮」に昇格した。

 同日12時、天照大神(あまてらすおおみかみ)に「和妙(にぎたえ)」(絹)と「荒妙(あらたえ)」(麻)と、針と糸を奉納する祭典「神御衣祭(かんみそさい)」が「正宮(しょうぐう)」と「荒祭宮(あらまつりのみや)」で執り行われた。

 同祭は飛鳥時代よりも古く、神宮司庁広報担当の音羽悟さんは「伊勢神宮で最も重要な祭典『神嘗祭(かんなめさい)』と同じくらい古いのでは」と話す。

 和妙と荒妙は5月1日から13日までの期間に「神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」(松阪市大垣内町)と「神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)」(同井口中町)で織子たちによってそれぞれ織られた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大風と大雨の夏至祭、二見興玉神社  →次の写真  関連記事
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング