見る・遊ぶ

伊勢神宮の専用水田で耕作始めに豊作祈願の「神田下種祭」 

伊勢神宮の専用水田で耕作始めに豊作祈願の「神田下種祭」 

伊勢神宮の専用水田で耕作始めに豊作祈願の「神田下種祭」 

  •  

 伊勢神宮で使用する米を作る神宮神田(伊勢市楠部町)で4月4日、1年の耕作始めに当たり豊作を祈願する「神田下種祭(しんでんげしゅさい)」が行われた。

【その他の画像】鍬を振り下ろす山口剛作長

 同祭は、神田に「忌種(ゆだね)」と呼ぶ清浄なもみ種をまく祭典で毎年4月の初めに行われる。この日は小松揮世久(きよひさ)大宮司ら神職と地元楠部町の人々が見守る中、行われた。

[広告]

 同祭は、田を耕す道具である「忌鍬(ゆくわ)」を作るところから始まり、神田奥の「忌鍬山」の麓にある山口祭場で山の神に、鍬がうまく出来上がるように祈る「山口祭(やまぐちさい)」を行い、その後、山頂まで登り木の神に鍬の柄となる木を切ることの許しを請う「木本祭(このもとさい)」を行い、童男(どうなん)が櫟樫(いちいがし)の木を切って鍬の柄を作る。鍬が完成すると禰宜(ねぎ)以下の奉仕員は、「まさきのかづら」と呼ぶテイカカヅラのつる草を円形に編んで烏帽子(えぼし)に飾り下山し、神田の祭場に整列、神田下種祭に臨む。

 今年の童男には、中学1年生の船越幸気さんが選ばれた。 

 神田下種祭では、祭場に神饌(しんせん)を供え田の神を祭り、続いて神田を管理する作長の山口剛さんが、忌鍬を受け取り、鍬を振り下ろす所作を行う。その後白装束の奉仕員2人が水田に入り、もみ種をまく。その時、古来より歌い継がれている御田歌(みたうた)「天鍬(あめくわ)や 真佐岐(まさき)の蔓(かづら) 笠にきて 御田(みた)うちまつる 春の宮人(みやびと)」を唱和する。

 神宮神田の総面積は約10ヘクタール、神田の作付面積は約3ヘクタール。神田には神宮の祭典で使う新米のほか餅や酒の原料用として、イセヒカリなどのうるち米とカグラモチなどのもち米を作付けする。5月に「神田御田植初(おたうえはじめ)」が行われる。