見る・遊ぶ

伊勢・猿田彦神社で御田植祭 安土桃山時代の衣装で一苗一苗心を込めて

伊勢・猿田彦神社で御田植祭 安土桃山時代の衣装で一苗一苗心を込めて

伊勢・猿田彦神社で御田植祭 安土桃山時代の衣装で一苗一苗心を込めて

  •  

 猿田彦神社(伊勢市宇治浦田)で5月5日、お田植え祭り「御田祭(おみた)」が行われた。

【その他の画像】猿田彦神社の御田植祭

 五穀豊穣(ほうじょう)、大漁満足を祈願し、鎌倉時代から続くとされる同祭は、1971(昭和46)年に三重県の無形文化財の指定を受けた。社殿裏にある約500平方メートルの神田では、5人の八乙女(やおとめ)がおはらい・祈願を受けた苗を、桃山時代の装束を着た楠部町の男8人女8人の植方(うえかた)が手植えし、10人の囃方(はやしかた)がその間、笛や太鼓による田楽を演奏する。

[広告]

 植えられた稲は、うるち米(コシヒカリ)で、毎年8月下旬に刈り取り、11月23日の伊勢神宮で行われる新嘗祭(にいなめさい)に初米を奉納する。うるち米は同神社猿田彦大神への毎日の神饌(しんせん)として使用される。

 田植えが終わると神田中央で、長さ約3メートル、直径約1.15メートル、恵比寿(大漁)と大黒(豊作)が描かれた大うちわを持った植方2人がその年の豊漁、豊作を占う「団扇角力(うちわずもう)」が行われた。今年は大黒が勝った。

 団扇角力が終わると場所を同神社境内に移動し、「ハエーヤハエ、ハエーヤハエ」と声を掛けながら豊作を祈る「豊年踊り」が行われた。「ハエ」には「生える・早く大きくなれ」「栄える」という願いが込められているという。踊りが終わると団扇角力で使用したうちわを破る「団扇破り」が行われ、参列者らがうちわの紙片を奪い合った。

 同神社の主祭神は猿田彦大神(サルタヒコオオカミ)と、現在の伊勢神宮の地を倭姫命(ヤマトヒメノミコト)に献上したとされる大田命(オオタノミコト)。サルタヒコは、日本神話「天孫降臨」でアマテラスの孫にあたるニニギを先導・道案内(みちひらき)した神様とされ、もともとその地を治めていた神(国津神)。境内社には日本神話「岩屋伝説」で踊りを披露し、後にサルタヒコの妻となったとされる天宇受売命(アメノウズメノミコト)を祭る「佐瑠女(さるめ)神社」が立つ。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?