見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

伊勢神宮で平成最後の新嘗祭 木々が色づき始めた神域の中で 

伊勢神宮で平成最後の新嘗祭 木々が色づき始めた神域の中で 

伊勢神宮で平成最後の新嘗祭 木々が色づき始めた神域の中で 

  •  

 農作物の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、伊勢神宮で執り行われた。五十鈴川の御手洗(みたらし)前の木々は美しく色づき始めていた。

【その他の画像】伊勢神宮で新嘗祭

 新嘗祭は、その年に収穫された新穀を神様に奉納し、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄を祈る祭典。宮中では天皇陛下が神嘉殿(しんかでん)で新穀を皇祖はじめ神々に供え、日本中に新米が行き渡り国民一人ひとりが口にしたころ、一番最後に天皇陛下自身が召し上がる。

[広告]

 もともと新嘗祭は、日本人が飛鳥時代から受け継いできた祭典の一つとされ、明治・大正・昭和初期には国の祭日として制定され休日だったが、「国民の祝日に関する法律」(1948年7月20日公布・即日施行)で「勤労感謝の日」と名前を変え祝日になった。現在、日本全国の神社で行われている。

 伊勢神宮では1875(明治5)年まで、神嘗祭(かんなめさい)で新穀を奉納するため、新嘗祭は行っていなかった。現在は、10月の神嘗祭、6月・12月の月次祭(つきなみさい)を「三節祭」、それに2月の祈年祭(きねんさい)と11月の新嘗祭を加え「五大祭」と呼んでいる。

 この日は、早朝4時から神饌(しんせん)を神様にお供えする「大御饌(おおみけ)の儀」が、7時から天皇陛下より贈られた幣帛(へいはく)を奉献する「奉幣の儀」が外宮(げくう)で、続いて内宮(ないくう)で11時と14時にそれぞれ同様の祭典が行われた。平成最後となる新嘗祭を黒田清子神宮祭主を始めとする神職らは粛々と奉仕した。

 新嘗祭は11月29日まで、伊勢神宮125社全ての宮で執り行われる。

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?