暮らす・働く 学ぶ・知る

伊勢神宮内宮前に「平成感謝の記帳所」設置 陛下への感謝を込めて

伊勢神宮内宮前に「平成感謝の記帳所」設置 陛下への感謝を込めて

伊勢神宮内宮前に「平成感謝の記帳所」設置 陛下への感謝を込めて

  •  
  •  

 譲位される天皇陛下への感謝と新天皇の即位を祝う「御大礼奉祝委員会」が4月1日、伊勢神宮内宮(ないくう)前に「平成感謝の記帳所」を設置した。設置と同時に参拝者や市民らが長い列を作った。

【その他の画像】伊勢の土で作った素焼きの勾玉

 昨年6月20日に伊勢市や伊勢商工会議所、伊勢市観光協会などが立ち上げた同委員会。会長には伊勢市長の鈴木健一さん、実行委員長には伊勢商工会議所の中村基記さんが就く。

[広告]

 記帳所は4月1日~30日(16日~18日は閉所)の期間、内宮前に設置したテントで午前と午後で各15人、1日30人のボランティアで対応する。住所と名前を記帳した人に、証(しるし)として伊勢の土で作った素焼きの勾玉(まがたま)を手渡している。同委員会は、期間中5万人以上の記帳を見込んでいる。

 中村さんは「平成の時代と天皇陛下への感謝の気持ちを伊勢神宮に参拝に来られた人にも表していただければ。記帳された用紙は来月以降、宮内庁にお届けしご奉告申し上げる予定」と話す。

 記帳所の受付時間は9時~16時(最終日は12時まで)。記帳所は伊勢市役所内にも設置する。

  • はてなブックマークに追加

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?