暮らす・働く

伊勢神宮近くに移住し起業、リラクゼーションサロン「いせ桃花院」開業

伊勢神宮近くに移住し起業、リラクゼーションサロン「いせ桃花院」開業

伊勢神宮近くに移住し起業、リラクゼーションサロン「いせ桃花院」開業

  •  
  •  

 愛媛県宇和島出身の田窪ジュノさんが7月17日、猿田彦神社(伊勢市宇治浦田)から約300メートル、伊勢神宮内宮(ないくう)と伊勢神宮別宮の月読宮(同中村町)との中間に位置する住宅地にリラクゼーションサロン「いせ桃花院(とうかいん)」(同、TEL 080-5533-6428)をオープンした。

【その他の画像】リラクゼーションサロン「いせ桃花院」

 田窪さんは、1992(平成4)年渡米しニューヨークに移住。1994年マンハッタンにあった日本人経営のマッサージスクールに通い、技術を修得。1997(平成9)年までマンハッタンで同スクールが経営するリラクセーションサロンでサービスを行ってきた。帰国後、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)内の会員制スポーツクラブ「ゴールデンスパ」で7年間勤め、政治家や著名人の体と心をほぐしてきたという。退社後、OLとして東日本大震災のあった2011(平成23)年まで東京で、約2年間福岡県で働いた後、伊勢神宮式年遷宮のあった2013(平成25)年から伊勢神宮へ多く足を運ぶようになり、2014(平成26)年4月に移住を決めた。

[広告]

 移住について田窪さんは「夫の宇和島太郎はイラストレーターで、インターネット回線とパソコンさえあればどこでも仕事ができる。伊勢に引っ越して不自由したことはない。むしろ猿田彦神社や伊勢神宮、五十鈴川まで歩いて行ける環境が素晴らしく、気に入ってここに住もうと思った」と打ち明ける。起業については「不安も少しはあったが、ニューヨークや東京での経験がこの地で生かされるならうれしいと思い、伊勢ならではの家の広さを生かして自分たちで改装し一部屋をサロンに作り上げた。やればできると思った」と話す。

 田窪さんは「体をほぐし、心を癒やす。体と心はつながっている。体を楽にすることで心も癒され、明日からの日々が健やかに軽やかになりますように。伊勢神宮へ参拝にお見えになった方がふらっと寄っていただける場所になれば」とも。

 コースは「いやしもみ45」(45分、4,860円)、「いやしもみ60」(60分、6,480円)、「いやしもみ90」(90分、9,720円)。7月31日までは特別料金で540円割引きする。

 営業時間は10時~20時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加