3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

賢島の通信制・代々木高校、ペンギンのいない入学式 新型コロナ影響で

賢島の通信制・代々木高校、ペンギンのいない入学式 新型コロナ影響で

賢島の通信制・代々木高校、ペンギンのいない入学式 新型コロナ影響で

  •  
  •  

 賢島に本校を持つ広域通信制の「代々木高校」(志摩市阿児町、TEL 0599-43-6177)の入学式が4月12日、同校1階大講堂で行われた。

【その他の画像】代々木高校ペンギンのいない入学式

 同校は、国の構造改革特区法により2005年2月に株式会社立の高校として開校。生徒は年間平均12日間分の授業を受け、インターネットなどを利用しレポートを提出、前期後期の計2回のテストを受け単位を修得する。

[広告]

 今回で15回目になる同校の入学式は、毎年同校から歩いて3分の距離にある水族館「志摩マリンランド」(同)のペンギンが泳ぐ水槽前で行われていたが、同館が新型コロナウイルス感染拡大防止対策により休館しているため、式典会場が初めて大講堂になった。

 新入生、参加者は全員マスクを着用、間隔を空け着席。窓を開け空気の流れを確保して、式典に臨んだ。東京本部(東京都渋谷区)で執務を行う同校の一色真司校長は、緊急事態宣言対象地域からの移動を避け、開校以来初めて出席することができなかった。

 副校長の藤田曜久さんは「毎年、志摩マリンランドの水槽の前で行う入学式だが、今年は新型コロナウイルスの影響で、行うことができなかった。非常に残念。何が起こるかわからない、何が起こっても不思議ではない時代であることを実感していると思う。困難に直面した時、その課題を解決し、乗り越えられるように、柔軟に対応できる人になってほしい」とエールを送った。

 2020年度の新入生は、新潟や熊本など全国から130人(賢島本校は6人)(4月12日現在)。同校は、閉校になった成基小学校(志摩市磯部町)の校舎を「志摩夏草校舎」として、昨年志摩市から借り受け、「志摩賢島本校」と併用しながら授業を行う。

Stay at Home

伊勢志摩経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?